2012年04月26日 11時00分 公開
ニュース

ミッドレンジ向けユニファイドストレージを発表 日立製作所NEWS

日立製作所がユニファイドストレージとバックアップ用途向けファイルストレージの販売開始を発表した。

[TechTargetジャパン]

 日立製作所は4月25日、ユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage 100 シリーズ」(以下、HUS100シリーズ)とバックアップ用途向けファイルストレージ「Hitachi Capacity Optimization」(以下、HCO)の販売開始を発表した。

 HUS100シリーズは、同社のミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズ」(以下、AMS2000)の後継機種として位置付けられ、「HUS110」「HUS130」「HUS150」の3つのモデルで提供される。ブロック/ファイル両方のアクセスプロトコルに対応し、データ種類が異なるアプリケーションからのアクセスを単一システムに集約して管理する。また、ブロック/ファイル単位でのストレージ容量や利用状況の確認、割り当てなどを単一画面で実施可能な管理機能「Hitachi Device Manager」を標準搭載している。

photo Hitachi Unified Storage 100 シリーズ

 HUS100シリーズの最大ストレージ容量は2.8P(ペタ)バイト(HUS150の場合)。また、ボリューム容量仮想化機能「Hitachi Dynamic Provisioning」やストレージ階層仮想化機能「Hitachi Dynamic Tiering」などでストレージ容量の効率的な利用を支援する。同社によると、HUS150とAMS2000シリーズの「AMS2500」を比較した場合、最大システム容量が2倍、データ転送性能が3倍まで向上したという。HUS100シリーズの販売価格は、157万5000円から(最小構成のHUS110の税込み金額)。

 HCOはバックアップ用途向けファイルストレージで「HCO210」「HCO230」の2つのモデルを提供する。バックアップの対象となるデータの種類に応じて、適切な重複排除方式を自動実行する。HUS100シリーズをバックアップデータの格納ストレージとして活用しており、最大物理容量は384Tバイト(最大論理容量7.6Pバイト:HCO230の場合)。同社によると、日立独自の重複排除技術を採用し、バックアップのデータ量を最大20分の1まで削減可能だという。その販売価格は、1219万1550円から(最小構成のHCO210の税込み金額)。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。