2012年06月20日 09時00分 公開
特集/連載

標的型攻撃メールに59.2%が不安、対策は従業員教育で――読者調査で判明メールセキュリティに関する読者調査リポート

メールセキュリティの導入形態はサービスへの移行が加速、標的型攻撃メールに59.2%と過半数が懸念――。読者調査を基に、メールセキュリティの実態を示す。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2012年5月21日から6月3日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象にメールセキュリティに関するアンケート調査を実施した。メールセキュリティの課題や対策手法、製品/サービスの導入意向などを聞いた。

 本稿は、アンケート調査から明らかになったメールセキュリティの実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできるので、参照いただきたい。

調査概要

目的:TechTargetジャパン会員の企業におけるメールセキュリティ対策について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2012年5月21日〜6月3日

総回答数:157件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。


ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。