2012年06月20日 09時00分 公開
特集/連載

標的型攻撃メールに59.2%が不安、対策は従業員教育で――読者調査で判明メールセキュリティに関する読者調査リポート

メールセキュリティの導入形態はサービスへの移行が加速、標的型攻撃メールに59.2%と過半数が懸念――。読者調査を基に、メールセキュリティの実態を示す。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2012年5月21日から6月3日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象にメールセキュリティに関するアンケート調査を実施した。メールセキュリティの課題や対策手法、製品/サービスの導入意向などを聞いた。

 本稿は、アンケート調査から明らかになったメールセキュリティの実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできるので、参照いただきたい。

調査概要

目的:TechTargetジャパン会員の企業におけるメールセキュリティ対策について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2012年5月21日〜6月3日

総回答数:157件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。


ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...