会計不正は対岸の火事ではない【IFRS】青山学院 会計サミットレポート【前編】

オリンパス、大王製紙の事件を受けて日本企業のコーポレートガバナンスを再考する議論が本格化している。社外取締役、内部通報制度、会計監査はガバナンスの向上に有効か。識者による議論を紹介する。

2012年07月13日 08時00分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科主催の「第10回 青山学院 会計サミット」が7月11日に同大学で開催された。10回目を迎える今回は、2011年に発覚したオリンパスの巨額損失隠し事件や、大王製紙の私的流用事件を受け、「企業不正を巡る諸課題 〜その防止と発見を目指して〜」がテーマ。本稿では前後編に渡って議論をお伝えする。前編では特別講演とパネル討論会の内容を紹介する。

 特別講演はオリックスの取締役兼代表執行役会長・グループCEOの宮内義彦氏が行った。同氏は1人の経営者として、オリンパスと大王製紙の事件について「大変に驚いた」と振り返った。その上で英国のLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)操作問題へのバークレイズ銀行の関与などにも触れ、「企業を巡る問題が起きないためには、制度的にももっときちんとしないといけない」と指摘した。

オリックスの取締役兼代表執行役会長・グループCEOの宮内義彦氏

 オリンパスが損失隠しを始めたきっかけは、金融商品の時価評価ルールの変更だったといわれている。「それまでは許された処理ができなくなり、新しい会計基準では不正と知って(損失隠しを)行った。これはIFRS適用などで現実に日本企業が当面する問題ではないか」

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...