IBMとGoogleのOSSハードウェア開発に寄せられる期待と心配の声Power再興とクラウド強化で利害が一致

IBMやGoogleなどが加盟する企業連合「OpenPOWER Consortium」が2013年8月に結成された。Powerプロセッサを中心とするクラウド基盤に必要なハードウェアの開発を目指す同連合だが、市場には批判的な見方もある。その理由とは?

2013年10月21日 08時00分 公開
[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 英ARM Holdingsの知的財産と同社のRISCリファレンスデザインの改良に向けた取り組みでは、オープンソース方式によるコラボレーションが大きな威力を発揮した。米IBMはこの成功を受け、「Power」プロセッサアーキテクチャに新たな活力を吹き込むために「OpenPOWER Consortium」を通じて業界大手各社と協力関係を結ぶ方針だ。

 OpenPOWER Consortiumは2013年8月に結成された企業連合で、IBMのPowerプロセッサを中心としてオープンソースのサーバ、ネットワークストレージおよびストレージの分野での協力を目指す。具体的な協力形態やガバナンスの問題をどうするかなどは不明だが、新規加盟への呼びかけは現在も行われている。

オープンソースのデータセンターシステムでPowerプロセッサの復活なるか?

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...