ソニー・ピクチャーズが“サイバー反撃” 議論を呼ぶ「バッドシード」攻撃とは流出映画を偽ファイルで隠蔽

米Sony Pictures Entertainment(SPE)は、映画流出を招いたサイバー攻撃に対して反撃に出たとの見方がある。法律面や倫理面で疑問を投げ掛けているその反撃手法とは。

2015年01月06日 08時00分 公開
[Sharon Shea,TechTarget]

 2014年11月末に起きた米Sony Pictures Entertainment(SPE)への破壊的なサイバー攻撃をめぐるニュースが連日報じられている。SPEも手をこまねいているわけではない。同社は攻撃者から受けた被害に対抗するために“ハックバック”(逆ハック)することを決めたが、その手法は法律面および倫理面で疑問を提起するものだ。

 IT系メディアサイトのRe/codeによると、SPEは流出した自社の映画をホスティングしているWebサイトに対抗するために「Amazon Web Services」を利用しているという。Re/codeは、SPEの対抗手段を分散型サービス妨害(DDoS)攻撃だと呼んでいる。だがSPEの戦術に関するRe/codeの記事の説明から判断すると、SPEはDDoSではなく、流出データを判別しにくくする「バッドシード」と呼ばれる手法を用いているようだ。

「バッドシード」とは何か

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。