2015年04月02日 20時50分 公開
ニュース

ハウリング防止機能を搭載、スマートフォンでも使えるWeb会議システムの新版NEWS

インターネットに接続できる環境があればURLにアクセスするだけで使用できるWeb会議システムの「LiveOn」が、7つの機能強化を発表した。

[中尾太貴,TechTargetジャパン]

 ジャパンメディアシステムは2015年4月16日、Web会議システム「LiveOn」の最新版となるバージョン12.0を販売開始する。自分の音声がスピーカーから聞こえる「ハウリング」の防止機能や出欠確認機能など、機能の改良と追加により、利便性を上げる。

 バージョン12.0での強化点は、以下の7項目だ。

  1. ハウリングの発生を減少する「エコーキャンセラー機能」を追加
  2. 多人数での会議における参加者の出欠確認機能を追加
  3. スマートフォンやタブレットでスケジュール機能の使用を可能に
  4. Web会議の資料共有の操作やアンケートなどの操作を実施できる「議長権」を特定ユーザーに固定可能に(従来版では、最初に会議室に入室したユーザーに議長権を付与)
  5. 資料共有時、議長のマウスカーソル位置を他の参加者に共有する機能の追加
  6. 会議参加者の映像を別ウィンドウで表示できる「自動整列モード」の起動ボタンを新設
  7. 「VB-H43」をはじめとするキヤノン製ネットワークカメラを利用可能に

 バージョン11.0ではWindows XP SP3に対応していたが、最新版ではWindows Vista SP2以降、Windows 7 SP1以降、Windows 8、Windows 8.1に対応し、XPでは利用できなくなる。対応WebブラウザはFirefox、Opera、Safari、Google Chromeの各最新版とInternet Explorer 7.0 以降 。

 利用料金(税別)は、1拠点当たり、初期費用7万8000円、月額3000円。既存のLiveOn(バージョン11.0)は、2015年4月16日午前6時以降にユーザーがログインすると無償で自動的にバージョンアップされる。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...

news017.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...