2015年08月09日 09時00分 公開
特集/連載

自分にあったセキュリティ分析ツールはどれ? チェックしたい8製品市場は変わるがニーズは普遍的(1/3 ページ)

セキュリティ分析ツールを使うことで、クライアントPCやモバイルデバイス、サーバなど多くのデバイスのセキュリティ状況が分かる。本稿では、セキュリティ分析ツールを選ぶためのポイントを紹介する。

[Dan Sullivan,TechTarget]
Blue Coat SystemsのBlue Coat Security Analytics PlatformのWebサイト《クリックで拡大》

 セキュリティ分析ツールは、各種セキュリティインシデントのデータを収集、フィルタ、統合、リンクする。その目的は、企業のインフラのセキュリティをより包括的に把握することだ。クライアントPCやモバイルデバイス、サーバ、ルーターなど多数のデバイスを抱えている企業なら、セキュリティ分析は間違いなく役に立つだろう。

 セキュリティ分析市場は急速な変化を遂げている。ベンダーは合併し、新機能は追加され、かつてオンプレミスにのみ導入されていたツールはクラウドサービスとして提供されるようになっている。また、このように急速な変化にもかかわらず、企業の求める機能は、かなり普遍的である。具体的には、ログの分析、イベントの相互関係の把握、アラートの生成などだ。本稿では、主要なセキュリティ分析ツールを幾つか紹介し、ニーズに合った製品を選ぶためのアドバイスを提供したい。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...