2015年11月02日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイドログ管理を通じたユーザー受け入れテストの改善

アプリケーションログは、アプリケーションの挙動に関する情報を提供する。この情報は、より良いソフトウェアの構築や、ユーザー受け入れテストの改善に利用できる。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 ログにはさまざまな用途がある。もし望むのであれば、より良いソフトウェアを構築し、ユーザー受け入れテスト(UAT:User Acceptance Test)を向上させる手段として、アプリケーションログ管理を利用することもできる。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


データセットの定義

 われわれが目指す領域を定める手段として、ここで扱う用語を単純なビジネス技術言語で定義しておく。

 コンピュータシステムのタイムスタンプが入ったログイベントが生成され、転送された後、ログ管理はログデータそのもののストレージとアーカイブ、分析、最終的な廃棄を行う。ログとはアクセスイベント、データトランザクションイベント、あるいは幅広いデータベース関連のイベントを指す。

 一方、UATは、機能、システム、レグレッションテストを行った後の最終テストを指す。その目的は、開発の動機となったビジネスニーズに照らして、そのソフトウェアを検証することにある。UATがもし成功すれば、そのソフトウェアは理論的に、本番運用が可能になる。

何を求めるのか

 では、われわれはログから何を学ぶことができ、それをUATにどう結び付ければいいのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...