NASCARレーシングチームがランサムウェア被害、500ドルを支払ってしまった “恐怖”とは「明日はわが身」と考えよ

全米自動車競争協会(NASCAR)のレーシングチームは、ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)被害を受け、データ復旧のために身代金を支払い、セキュリティソフトベンダーと提携する事態に至った。

2016年07月06日 12時00分 公開
[Peter LoshinTechTarget]
NASCARのWebサイト NASCARが発表した、ランサムウェア被害に関するプレスリリース(画像はNASCARのWebサイトより)《クリックで拡大》

 ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)の被害が相次いで報じられる中、今度は全米自動車競争協会(NASCAR:National Association for Stock Car Auto Racing)のレーシングチームが2016年4月にランサムウェア「TeslaCrypt」に攻撃され、数百万ドル相当のデータを失う危険にさらされた。

 NASCARのWebサイトによると、レーシングチームのCircle Sport-Leavine Family Racing(CSLFR)では、「200万ドル相当の価値がある特注のシミュレーション手順」を含むデータを失う可能性があったことから、急きょビットコインを集めて身代金を支払い、データを復旧させたそうだ。

※CSLFRはSprint Cup Seriesに95番の車で出場しているNASCARのレーシングチーム

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。