2016年11月09日 08時00分 公開
特集/連載

Windowsの“構造的弱点”を悪用する攻撃手法が判明、パッチ作成すら不可能?Windowsの全バージョンに影響(1/2 ページ)

「AtomBombing」という新たな攻撃手法が登場した。Windowsの根幹を担う仕組みを悪用したこの攻撃は、パッチの提供すら困難だという。その脅威とは。

[Michael Heller,TechTarget]
AtomBombingの脅威にどう対処すべきか

 「AtomBombing」と呼ばれる新手のコードインジェクション(不正なコードをシステムに挿入する攻撃)の手法が登場した。これは「Windows 2000」以降の全てのWindowsバージョンに影響を及ぼす。だがMicrosoftは、問題を修正するパッチを作成できない可能性がある。

 AtomBombingを作成したのは、データ保護企業enSiloでセキュリティ調査チームの責任者を務めるタル・リーバーマン氏だ。同氏によると、AtomBombingはWindowsの基本構造の1つである、文字列と整数を対応付けるテーブル(アトムテーブル)を悪用した手口だという。

「アトムテーブルの悪用」は何が怖いのか

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...