2016年11月09日 08時00分 公開
特集/連載

Windowsの“構造的弱点”を悪用する攻撃手法が判明、パッチ作成すら不可能?Windowsの全バージョンに影響(1/2 ページ)

「AtomBombing」という新たな攻撃手法が登場した。Windowsの根幹を担う仕組みを悪用したこの攻撃は、パッチの提供すら困難だという。その脅威とは。

[Michael Heller,TechTarget]
AtomBombingの脅威にどう対処すべきか

 「AtomBombing」と呼ばれる新手のコードインジェクション(不正なコードをシステムに挿入する攻撃)の手法が登場した。これは「Windows 2000」以降の全てのWindowsバージョンに影響を及ぼす。だがMicrosoftは、問題を修正するパッチを作成できない可能性がある。

 AtomBombingを作成したのは、データ保護企業enSiloでセキュリティ調査チームの責任者を務めるタル・リーバーマン氏だ。同氏によると、AtomBombingはWindowsの基本構造の1つである、文字列と整数を対応付けるテーブル(アトムテーブル)を悪用した手口だという。

「アトムテーブルの悪用」は何が怖いのか

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...