2017年08月04日 05時00分 公開
特集/連載

「GDPR」のせいで欧州が米国並みの“大訴訟社会”になる?欧州一般データ保護規則「GDPR」がもたらす“本当の問題”とは【後編】

欧州企業や大企業だけではなく、幅広い企業に影響するEUの「一般データ保護規則(GDPR)」。GDPRにはさまざまな誤解が残っているだけではなく、課題も少なくない。

[Peter Loshin,TechTarget]
画像 GDPRがもたらす課題とは

 欧州で暮らす人々は、個人情報やプライバシーについて真剣に考えている。この状況を受けて欧州連合(EU)は、1995年から個人情報の取り扱いについて規制を課していた「EUデータ保護指令」に代わり、2016年に「一般データ保護規則(GDPR)」の導入を決めた。

 新たなプライバシー規制であるGDPRには、個人情報保護に関する規定が含まれている。個人情報が第三者に開示されないことを保証し、自分のデータを確認して管理する権利を個人に与えるだけでなく、“忘れられる権利”も認めている。

 米国マサチューセッツ州ローエルに本拠地を置くネットワークとITセキュリティ会社のCSPiで、統括マネジャーを務めるゲアリー・サウスウェル氏は前編に引き続き、EUでの適用開始まで残り1年となったGDPRの順守に関する課題について、TechTargetのインタビューに答えた。

―― GDPRの適用開始まで残り1年となりました。EUに暮らす人々を対象にビジネスをしている企業は、GDPRを順守しなければなりません。ただし欧州でも、この新しいプライバシー規制の認知度は、いまだ低いと専門家は指摘しています。この状況についてはどうお考えですか。

サウスウェル氏 欧州の企業を見れば、GDPRの認知度の低さは明らかだ。比較的大きな企業は認識しているものの、中小企業の多くは気に留めていない。中小企業は自分たちに影響はないと考えているのかもしれないが、それは間違っている。

―― 米国での認知度はどうでしょうか。

サウスウェル氏 米国での認知度も非常に低いが、徐々に浸透しつつある。GDPRは、多くのセキュリティ関連のイベントで大きく取り上げられている。そのため最高情報セキュリティ責任者(CISO)のポストがある企業と、セキュリティに注目している人々の多くは、GDPRを認知しているといえるだろう。だが、まだGDPRの影響を見積もろうとしている段階にすぎない。「米国内に拠点があるため問題はない。あらゆる処理は米国内で済ませている。問題となるのはEUに拠点がある場合だけだろう」と短絡的に考えている人も少なくないのが実情だ。

 GDPRでは、それを否定している。どこでビジネスをしていても、EUに暮らす個人に関する情報を処理している場合は、GDPRの規制対象となる。つまりGDPRを順守しなかった場合は、罰金が科される。

―― GDPRの適用が始まったら、何が起きると予想していますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...