2017年09月29日 08時00分 公開
特集/連載

ハイパーコンバージドインフラのメリットとデメリットComputer Weekly製品導入ガイド

ハイパーコンバージド技術に弾みがついている。だが自分の組織にとってはどんなメリットがあるのか。

[Rene MillmanComputer Weekly]

 効率性とアジリティーを高めるため、次の技術トレンドを求めてクラウドの先を見据える中で、多くの組織がハイパーコンバージドインフラ(HIC)への投資を検討している。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


コンバージェンスからの進化

 だが、どんな組織であれ、HCI採用に向けて動き始める前にこの用語が何を意味するのかしっかり把握しておく必要がある。

 一般的な認識として、HCIはコンバージドインフラの進化形だ。基本的な用語で説明すると、コンバージドインフラはコンピューティングとストレージ、ネットワーク、仮想化のコンポーネントを組み合わせて、テスト済みの統合製品としてパッケージ化したものだ。

 HCIは、このコンセプトに基づいてほとんど同じコンポーネントを組み込むことによって構築し、そのアプライアンスで実行するソフトウェア定義機能を組み合わせている。容量が足りなくなれば、単純にシステムを追加するだけで済む。

 ITシステムのアップグレードや変更時は、トラブルを最低限に抑えなければならない。ダウンタイムが1秒増えるごとに出費がかさむ。

セキュリティ不安

 ただし、企業はHCIのデメリットについても認識しておく必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...