2018年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

複雑さにめげない直前に迫るWindows 10移行、検討すべき4つの要素は (2/2)

[Eddie Lockhart,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Windows 10のアプリの互換性とハードウェアの要件

 業務に不可欠なレガシーアプリもあるため、Windows 10でのアプリの互換性が非常に重要になる。

 古いアプリをWindows 10に移行する際に頼りになるのが、「Windowsアセスメント&デプロイメントキット」に含まれる「Application Compatibility Toolkit」だ。IT部門はこのツールキットの「Compatibility Administrator」を利用して、互換性のあるアプリのリストを作成し、新しいOSで実行するために必要ことを確認できる。

 「shim」も用意されている。shimは、Windows 10でアプリを実行させることができるコマンドラインツールだ。Compatibility AdministratorにIT部門が必要とするshimが用意されていない場合は、作成することも可能だ。また、「互換モード」を使用してWindows 10に特定のアプリとの互換性を強制したり、アプリの個別の側面を調整したりすることもできる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...