2018年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

直前に迫るWindows 10移行、検討すべき4つの要素は複雑さにめげない(2/2 ページ)

[Eddie Lockhart,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Windows 10のアプリの互換性とハードウェアの要件

 業務に不可欠なレガシーアプリもあるため、Windows 10でのアプリの互換性が非常に重要になる。

 古いアプリをWindows 10に移行する際に頼りになるのが、「Windowsアセスメント&デプロイメントキット」に含まれる「Application Compatibility Toolkit」だ。IT部門はこのツールキットの「Compatibility Administrator」を利用して、互換性のあるアプリのリストを作成し、新しいOSで実行するために必要ことを確認できる。

 「shim」も用意されている。shimは、Windows 10でアプリを実行させることができるコマンドラインツールだ。Compatibility AdministratorにIT部門が必要とするshimが用意されていない場合は、作成することも可能だ。また、「互換モード」を使用してWindows 10に特定のアプリとの互換性を強制したり、アプリの個別の側面を調整したりすることもできる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...