2018年07月10日 05時00分 公開
特集/連載

Apple、Google、Samsung、Microsoftが提供するモバイルデバイス自動登録機能の違いゼロタッチプロビジョニングはAppleだけじゃない(2/2 ページ)

[Robert Sheldon,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Android Zero-Touch Enrollment

 Androidには最近ZTEというゼロタッチプロビジョニングのサービスが導入された。スムーズでセキュリティが確保された方法でOSを登録できるようになっている。この新しいサービスによって、企業はエンドユーザー向けに必要な管理設定が事前構成されたデバイスを購入できるようになる。ユーザーは、必要なリソースを入手するため、デバイスにサインインするだけだ。

 AndroidのZTEサービスを利用するには、ZTEソフトウェアのサポート認定を受けたAndroidベンダー(Samsung Electronics、Sony、LG Electronics、Motorola、Huaweiなど)や通信事業者からデバイスを購入しなければならない。小売店で購入したデバイスでは利用できない。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...