2019年03月08日 05時00分 公開
特集/連載

セキュリティはプロセスであって、製品ではない「AIセキュリティ製品」を万能だと思ってはいけない、これだけの理由 (2/2)

[David Petersson,TechTarget]
前のページへ 1|2       

AI技術の限界を認識すべし

 AI技術はセキュリティを新しいレベルに引き上げる。ただしCIOは、その限界と弱点についても正しく理解しておかなければならない。「AIセキュリティ製品を導入すると、IT部門やビジネス部門の担当者はそれで安心してしまう」。ソフトウェア開発やサポートを手掛けるGOOBER共同創設者のピーター・パーセル氏は、そう指摘する。「AIセキュリティ製品は『すぐに学習して、あらゆる攻撃を食い止めてくれる』と考えられがちだが、それは単純に正しくない」と同氏は言い添える。なぜ正しくないのか。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...