2019年06月24日 05時00分 公開
特集/連載

G Suiteで判明した2つの「パスワード平文保存」問題 何が起きたのか?14年間もパスワードを平文で保存していた事案も

Googleは「G Suite」のパスワードを安全でない状態で保存していた2件の事案を公表した。そのうちの1件では、パスワードを暗号化しない状態で14年間も保存していたという。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

Google | Google Apps


画像

 Googleは「G Suite」のパスワードを可読状態で保存していた2件の事案(いずれも対処済み)について、法人ユーザーに通知した。

 G Suiteは、Googleが法人向けに提供しているオフィススイートであり、Microsoftの「Office 365」と競合するサービスだ。Googleによると、1件目の問題は2005年に実装したドメイン管理者用ツールのバグによるもので、従業員のパスワードを手動で設定できるようにする機能に誤りがあったという。

 Googleのクラウド信頼性エンジニアリング担当バイスプレジデントのスザンヌ・フレイ氏は、同社公式ブログで次のように説明した(以下は公式ブログの日本語版からの抜粋)。

 2005年にこの機能を実装した際に、管理コンソールがハッシュ化されていないパスワードのコピーを保存してしまうというエラーが発生しました。このような運用はGoogleの基準には適合するものではありません。これらのハッシュ化されていないパスワードは、Googleの暗号化されたセキュアなインフラストラクチャー内に保管されていました。現在、この問題についてはすでに修正を完了しており、該当するパスワードへの不正アクセスや誤用の形跡は認められていません。

 Googleの説明によると、ハッシュ化していないパスワードへのアクセスは権限のあるユーザーのみに限定されており、影響を受けたのはごく一部の法人ユーザーのみだという。

もう一つのパスワード平文保存事案

 この件とは別に、2019年1月からG Suiteのパスワードを可読状態で保存していた、もう一つの事案も明らかになった。

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...