2020年03月27日 05時00分 公開
特集/連載

“12文字”未満は要注意 パスワードクラックする「レインボーテーブル」とは?上手なパスワードの使い方【中編】

テクノロジーの進歩に伴いパスワード解読されるリスクが高まっている。そのために攻撃者が悪用している「レインボーテーブル」とはどのようなものか。

[Sharon Shea, Randall Gamby,TechTarget]

 パスワードは認証方法として広く普及しているものの、セキュリティに関してさまざまな課題を抱えている。アプリケーションやOSはパスワードを平文では保存しない仕組みを採用するようになっている。これはユーザーがパスワードを新たに設定すると、そのパスワード用文字列に暗号化アルゴリズムを適用し、パスワードを表す個別のハッシュ値を生成して保存する仕組みだ。ユーザーがパスワードを入力すると、システムはパスワードとそれを暗号化した文字列のハッシュ値を生成する。この値を先に保存したファイルに記載されているハッシュ値と照らし合わせ、入力された文字列が正しいパスワードかどうかを判断する。

 かつてパスワードのハッシュ化の安全性は高いと考えられていた。たとえ攻撃者がパスワードのハッシュ値を記したファイルを入手したとしても、無作為に生成したパスワードを入力した結果をそのハッシュ値と照合することには膨大な量の計算が必要であり、実質的に不可能だったからだ。

「レインボーテーブル」の登場

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...