2020年04月03日 05時00分 公開
特集/連載

盗まれにくく覚えやすい、“良いパスワード”の作り方とは?上手なパスワードの使い方【後編】

パスワードは主要な認証手段であると同時に、攻撃者にとって突破しやすい要素でもある。安全なパスワードを生成するヒントと、パスワードの代替手段として利用できる認証方法を紹介する。

[Sharon Shea, Randall Gamby,TechTarget]

 パスワードの保護対策としてかつては十分だと見なされていたハッシュ化は、テクノロジーの進歩によって攻撃者に解読される可能性が高まっている。「攻撃者に解読されにくいパスワード」とはどのようなもので、どう作成すればよいのか。

より強力なパスワードの作成

 セキュリティリスクが指摘されているにもかかわらず、パスワードはなくならない。その状況を考えれば、パスワード利用時のセキュリティ強化に取り組むことは重要だ。例えば業務用システムやアプリケーションで使用するパスワードの最小文字数を増やせば、IDとパスワードの組み合わせを総当たりで試す「ブルートフォース攻撃」の対策になる。

 パスワードの長さで「良い」あるいは「安全」と言える基準はあるのだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...