2020年03月21日 08時30分 公開
特集/連載

パスワード認証はなぜ危険なのか? 注意すべき攻撃手段とユーザーの行動上手なパスワードの使い方【前編】

主要な認証手段として広く利用されているにもかかわらず、パスワードはセキュリティインシデントの元凶となる存在だ。どのような攻撃やエンドユーザーの行動がセキュリティを脅かすのか。

[Sharon Shea, Randall Gamby,TechTarget]

 パスワードはユーザー認証の方法として広く使われているが、さまざまな攻撃や不正アクセスを引き起こす、セキュリティインシデントの元凶でもある。通信事業会社Verizonがまとめた「2019 Data Breach Investigations Report」(2019年度データ漏洩/侵害調査報告書)によると、不正アクセスが絡む情報流出の約80%が、パスワードなど認証情報の盗難や使い回しに関連しているという。

 パスワードはそれほど危険であるにもかかわらず、なぜいまだに使われ続けているのだろうか。代替手段は存在する。しかしその場合はどれくらいセキュリティを強化できるのか、どれくらいのコストが必要なのか、ユーザーにとってどれくらい使いやすいものなのかなど、検討すべき事項は山積みだ。

 パスワードの最小文字数を決めることから、定期的なパスワードのリセットを義務付けることまで、代替手段を利用しなくてもパスワード認証のセキュリティを強化できる方法は存在する。

パスワードの何が問題なのか

 パスワードにはセキュリティリスクが付きまとう。例えば「ブルートフォース攻撃」(総当たり攻撃)は、何通りものIDとパスワードの組み合わせを入力することにより認証突破を試みる。「キーロガー攻撃」は、デバイスのキー入力を監視するためのマルウェアを利用してIDとパスワードの組み合わせを推測する。人の心理的な隙を狙って秘密情報を入手する手法である「ソーシャルエンジニアリング」によってログイン情報をだまし取ろうとする「フィッシング攻撃」にも、パスワード漏えいのリスクがある。

 パスワードの安全性が低下する原因は何だろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。

news134.jpg

NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新...