鍵交換の2大アルゴリズム「Diffie-Hellman」「RSA」 何が違い、どちらが安全?2つの鍵交換方式【前編】

暗号化通信に欠かせない鍵交換。主な方式として「Diffie-Hellman方式」(DH法)と「RSA方式」の2つがある。それぞれどのように違い、どちらがより安全なのか。

2020年03月30日 05時00分 公開
[Sharon Shea, Michael CobbTechTarget]

関連キーワード

暗号化 | 公開鍵


 暗号化通信では、情報の送信者と受信者が暗号化および復号に用いる鍵を共有する必要がある。その鍵を安全に交換するための技術が「鍵交換アルゴリズム」だ。代表的な鍵交換アルゴリズムである「Diffie-Hellman方式」(DH法)と「RSA方式」(Rivest-Shamir-Adleman)の違いを説明しよう。

どのような鍵交換方式なのか

 DH法は、セキュリティを確保できていない通信経路において、2者間で公開鍵を共有できるようにする。暗号化と復号で異なる鍵(非対称鍵)を用いる。暗号化と復合の際は1つの公開鍵と1つの秘密鍵を使用する。

 暗号化と復号で共通の鍵(対称鍵)を用いる暗号方式と比べ、非対称鍵を用いる場合は計算量が多く処理が低速になる。そのため、一度に大量の通信を暗号化することには向かない。DH法は、「AES」(Advanced Encryption Standard)などの対称鍵暗号方式において、鍵を安全に交換するために用いられることがある。

 RSA方式も非対称鍵を用いる。これは現在広く利用されている鍵交換アルゴリズムだ。

 DH法とRSA方式には幾つか違いがある。特に大きな違いは、RSA方式が対称鍵暗号方式だけでなくデジタル署名にも使える鍵交換アルゴリズムだという点だ。

どちらがより安全なのか

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...