コロナ禍で「AI規制」「ブロックチェーン停止」「クラウド停止」に注意すべき理由新型コロナが企業にもたらす5つの脅威【後編】

企業が取り入れているさまざまな技術には脅威が潜んでいる。Citrix Systemsの調査で重要な脅威に挙がった「AI技術への規制」「ブロックチェーンの停止」「クラウドサービスの停止」と、それぞれの対策を説明する。

2021年08月20日 05時00分 公開
[宮澤敏明シトリックス・システムズ・ジャパン]

 Citrix Systemsは未来の労働環境に関する調査「Work 2035」において、2019年から2020年にかけて欧米のビジネスリーダー500人以上を対象にアンケート調査を実施しました。その結果からは、企業が直面する重大な技術的脅威が5つあることが分かりました。2つの脅威を紹介した前編「コロナ禍で深刻化する『サイバー攻撃』『AIの誤作動』にどう備えればよいのか」に引き続き、本稿は残る3つの脅威を紹介します。

  1. サイバー攻撃とデータ侵害(前編で紹介)
  2. AI(人工知能)エンジンの誤作動(前編で紹介)
  3. 政府の規制とAI技術の偏り
  4. ブロックチェーンの停止
  5. クラウドサービスの停止

脅威3.政府の規制とAI技術の偏り

 調査対象となったビジネスリーダーの91%が、2035年までに「政府の規制や法律が技術の発展を阻害する可能性がある」と回答しています。世界各国の政府がAI(人工知能)技術に関する法律や規制に対して様子見の姿勢を取り続ける一方で、AIエンジンから偏見(バイアス)を取り除くにはどうすればよいかといった、AI技術の倫理的かつ責任ある利用についての議論も続けています。世界各国の政府は、AI技術の倫理的利用に関連した法規制をほとんど整備できていません。ただし、いずれは法規制を整えると考えられます。ビジネスリーダーは、AI技術への投資と並行して、AI技術が法的規制を受けるリスクを考慮するのが賢明です。

脅威4.ブロックチェーンの停止

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...