2008年03月13日 05時21分 UPDATE
特集/連載

目が届かないと心配?モバイル従業員に適した管理スタイルとは

スタッフが勤務時間中にオフィスにいないといらいらするようなマネジャーに向けて、モバイルワーカーを効果的に管理する方法を紹介しよう。

[Craig Mathias,TechTarget]

 わたしは広範な業界の企業や組織、団体のさまざまなレベルのマネジャーにモバイルとワイヤレスの福音を説き、活用の手助けをしている。その中で1つの質問が繰り返し投げ掛けられる。モバイルワーカーをどうやって管理すればいいのかという質問だ。ほとんどいつも「外出中」の主要スタッフが増える中、これはもっともな──というよりは極めて重要な──問題だ。多くの従業員、特に販売やサービスを担当する従業員は、オフィス内で決まった場所を必ずしも必要としない(あるいは欲しがらない)。技術者やコールセンターのスタッフであれば、自宅や(場合によっては)コーヒーショップでも生産的に仕事をすることができる。それでも経営陣は、必要な業務が遂行され、効率的、効果的、生産的に仕事が行われるよう監督する責任がある。

 マネジャーの中には、特にメリットを説明しなくてもモバイル化を自然に受け入れる人もいる。彼らは携帯電話、無線LAN、iPodなどで育った比較的若い世代だ。その一方で、説得するのに苦労するマネジャーもいる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...