2008年07月15日 00時00分 UPDATE
特集/連載

企業コンピューティングに着実に普及するSaaSSaaS導入の注意点は企業戦略としての要件を見極めること

企業における新規アプリケーション展開の選択肢の1つとしてSaaSの重要性が増している。競争優位に必要な俊敏性を獲得するために、企業はSaaSを適材適所で活用していくべきだ。

[栗原 潔,テックバイザージェイピー]

そもそもSaaSとは何か?

 SaaS(Software as a Service)とは、社外の事業者(プロバイダー)が稼働するアプリケーションプログラムの機能(サービス)をネットワーク経由で(通常は従量制料金により)利用するコンピューティング形態のことだ。企業が購買したソフトウェアを自社所有のハードウェアにインストールして使用するという形態(オンプレミス型と呼ばれることがある)とは、対照的なモデルといえる。

 図1に示すように、SaaSをさまざまなアウトソーシングモデルの一形態と考えると分かりやすいだろう。過去においては、SaaSと同様のモデルをASP(Application Service Provider)と呼んでいた。SaaSとASPの相違点についてはさまざまな意見があるが、基本的なモデルとしては同じと考えてよいだろう。これ以外にも「ソフトウェアオンデマンド」なども同様の概念を表す言葉だ。

画像 図1●SaaSの位置付け(出典:テックバイザージェイピー)

 JUAS(日本情報システム・ユーザー協会)が行った国内企業のテクノロジー/ITサービスへの関心・導入状況の調査結果によれば、SaaSを既に導入済みあるいは導入検討中の企業は全体の4分の1を占める(図2参照)。日本国内企業においても、SaaSが特殊な考え方ではなく、当たり前の選択肢の1つになっていることが分かる。

画像 図2●(※)日本企業におけるSaaSへの関心度(出典:「企業IT動向調査2008」日本情報システム・ユーザー協会 2008年4月14日)

(※)小数点第一位で四捨五入して表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。

関連ホワイトペーパー

SaaS | ASP | Ajax | API | オンデマンド | CRM | ERP | 基幹システム | SFA


注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパ...

news024.jpg

目標管理はExcelか紙が7割、アナログ過ぎる日本の職場の現実――HRBrain調べ
HRBrainは「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。

news101.jpg

Instagram「ショッピング機能」がストーリーズでも利用可能に
Instagramは「ショッピング機能」をInstagram Storiesにも拡大すると正式に発表した。