2008年07月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

企業でのSkype活用術イロハ【前編】IP電話とSkype、企業で使うならどっち?

IP電話もSkypeも、固定電話よりコストが抑えられるといわれている。では、実際はどちらがどれだけコストを軽減できるのか。固定電話とIP電話とSkypeの違いをコストや導入の面から考察した。

[岡田庄司]

SkypeとIP電話、導入しやすいのは?

 IP電話はインターネットを利用した安価な通話サービスだ。メリットとして、

  • 固定電話に比べて基本料金や長距離/国際通話料金が安い
  • 内線通話が無料

などが挙げられる。しかし、IP電話の導入に当たってはIP-PBXの導入や通信網の整備といったコストが掛かるのが実情だ。さらに、万一不具合が発生しても元の電話網に簡単には戻せない。

 導入の手間とコストの面では、SkypeはIP電話より優位に立っているといえるだろう。Skypeの場合、インターネットに接続されているPCに専用のソフトウェアをインストールしてヘッドセットを接続すれば、すぐに使用を開始できる。

 基本設定のみではSkype同士の通話しかできないが、Skypeから直接、固定電話や携帯電話に通話発信できる「SkypeOut」を利用すればSkype以外との通話も可能になる。そして、試してみて何か支障があれば簡単に利用を停止できる。既存の電話網を変更せず併用することが可能だ。

電話番号が「050」になるのは両方とも同じ

 IP電話を導入した場合、着信の電話番号が050で始まる番号になることがある。中には、長年使ってきたNTTの電話番号をそのまま利用できる、「番号ポータビリティ」に対応したIP電話サービスも存在する。しかし、すべての事業者が番号ポータビリティに対応しているわけではなく、2008年現在、番号ポータビリティ対応のサービスを提供しているのは厳しい品質基準をクリアした一部の事業者のみとなっている。そのため、地域によっては番号ポータビリティ対応のIP電話サービスを提供する業者が少なく、費用面や機能面で業務に最適なIP電話網を構築できない可能性がある。

 一方Skypeは、固定電話や携帯電話からの発信を受信できる「SkypeIn」を利用することで、着信専用の電話番号「オンライン番号」を取得できる。日本ではオンライン番号として頭に「050」が割り当てられており、IP電話と同じく、必ず050で始まる着信番号になる。

 ただし、どちらを導入した場合でも、電話番号の変更により取引先や顧客などへの周知や名刺および封筒などの刷り直しなど、新たなコストが発生することを忘れてはならない。また、社員の中には会社の電話番号が変更になる(特に局番)ことに抵抗を感じる人間も多いだろう。実際、日経コミュニケーションが実施したアンケートでは、「会社の電話がIP電話に変わることによって電話番号が『050』から始まるIP電話専用番号に変わる可能性があります。あなたは050番号に変わることに抵抗がありますか?」という問いに対して、「抵抗がある」と答えた読者が75.5%もいたという。

 企業でIP電話やSkypeを導入する目的の1つとしてコスト削減が大事な要素となるが、それらの導入により業務効率が下がってしまっては意味がない。もし、どうしても電話番号の変更に社員の抵抗があるならば、それを考慮して既存の電話番号が使える番号ポータビリティ対応のIP電話サービスを選択するのがよいだろう。

既存ネットワークそのままの利用で、Skypeの音声は途切れないのか

関連ホワイトペーパー

Skype | IP電話 | NTT(エヌティーティー) | 携帯電話


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news117.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」がインフィード広告枠への配信を拡充
ソネット・メディア・ネットワークスはDSP「Logicad」において、インフィード広告枠への...

news048.jpg

LINEとTwitterの幹部が語る、これからのマーケティングにおけるSNS活用
「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」から、LINE 上級執行役員の田端信太郎氏とTw...

news035.jpg

サイバーエージェント、ライブ動画の広告活用に特化した専門組織を設立
サイバーエージェントは、同社が運営する映像配信プラットフォーム「FRESH!」をはじめと...