2008年09月24日 07時30分 UPDATE
特集/連載

アドホックで高速IEEE 802.11sメッシュネットワークとは

現在策定中のIEEE 802.11s規格は、マルチベンダー対応のワイヤレスメッシュネットワークを可能にする。

[David B. Jacobs,TechTarget]

 ワイヤレスメッシュ技術を利用すれば、IEEE 802.11ワイヤレスネットワークで従来の無線LAN技術の制限をはるかに超えた広いエリアをカバーできる。各種のプロプライエタリなソリューションは何年も前から提供されてきたが、現在策定中のIEEE 802.11s規格は、マルチベンダー対応のメッシュネットワークを可能にする。

 既存のIEEE 802.11ネットワークの多くは、インフラストラクチャモードで動作する。これは、すべての通信トラフィックが、アクセスポイント(AP)を経由して最終的なあて先に転送されるということだ。IEEE 802.11規格にはアドホックモードも規定されている。アドホックネットワークはAPを使用しない。機器同士が直接通信を行うのだ。

 IEEE 802.11sはアドホックモードのコンセプトを拡張したものだ。各パケットは、最終的なあて先に到達する途中で「中間ステーション(無線局)」を経由することができる。このため、IEEE 802.11メッシュネットワークは、非メッシュ型のIEEE 802.11ネットワークよりも広いエリアに拡大することができる。2台のステーション同士が直接通信できない距離でも通信が可能になるのだ。パケットは中間ステーションを次々とホップしながら、最終的にあて先に到達する。

 IEEE 802.11sネットワークは、IEEE 802.11a/b/g/nの規格のどれを使っても運用できる。MAC(Media Access Control)層とパケットフォーマットは、非メッシュネットワークとの干渉を避けるようにデザインされているので、メッシュネットワークと非メッシュネットワークを混在させることも可能だ。両ネットワークを混在させる場合でも、従来のIEEE 802.11機器を変更する必要はない。

 IEEE 802.11sの機能は、MAC層とリンク層のどちらでも動作する。それよりも上のIPネットワークスタックの各層は修正されないため、アプリケーションも修正する必要はない。

メッシュ関連用語

 ここで、メッシュに関連する用語を整理しておこう。

  • メッシュポイント(MP):ほかのIEEE 802.11sステーションとのノード・ツー・ノード通信をサポートするIEEE 802.11sステーション
  • メッシュポータル(MPP):IEEE 802.11sの機能に加え、有線ネットワークインタフェースを備えたIEEE 802.11sステーション
  • メッシュアクセスポイント(MAP):MAPは非メッシュノード用のAPとして機能する。有線ネットワークに接続することにより、MPPとして機能することもできる

メッシュ構成

関連ホワイトペーパー

IEEE | 無線LAN | 暗号化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。