2008年10月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

第一歩はオープン性と信頼関係ERM――その潜在的効果を現実化する

企業の管理者とITマネジャーは、リスク評価に対する狭い“サイロ型”のアプローチを放棄し、全社を対象とした包括的なリスク管理フレームワークを採用すべきだ。

[Elisabeth Horwitt,TechTarget]

 調査会社のGartnerは2008年4月の報告書「A Risk Hierarchy for Enterprise and IT Risk Managers」(企業管理者とITリスク管理者のためのリスク階層)で、「企業の管理者とITマネジャーは、リスク評価に対する狭い“サイロ型”のアプローチを放棄し、全社を対象とした包括的なリスク管理フレームワークを採用すべきだ。そして、あらゆるレベルのスタッフが、リスクに関連した自分の責任を明確に理解するようにしなければならない」とアドバイスしている。

 もちろん、「言うはやすし、行うは難し」だ。

 「エンタープライズリスク管理をためらう企業に警鐘」という記事で述べたように、多くの企業のビジネス部門とIT部門の責任者たちは、リスク管理に対して総合的なトップダウン方式のアプローチを採用することが重要だと認識するようになった。しかし多くの企業では、エンタープライズリスク管理(ERM)の配備は、まだ構想あるいは計画の段階にすぎない。本稿では現実的な視点に立ってERMの本質を探り、そのチャレンジと期待される成果について述べるとともに、導入の参考となるベストプラクティスを紹介する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

店舗Wi-Fi経由で広告や割引クーポンを配布、ネットワンパートナーズがサービス提供
ネットワンパートナーズは、店舗のWi-Fiを活用したデジタルマーケティングを実現する小売...

news038.jpg

横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越え...

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...