2008年03月14日 19時03分 UPDATE
ニュース

NEWSIDSシェアー、企業パフォーマンスとリスクの把握を支援するBPMツールの最新版

「ARIS Process Performance Manager」に新モジュール「ARIS Performance Dashboard」を追加し、操作性と柔軟性が向上。リポート機能とリスク管理機能を強化し、経営層による自社パフォーマンスの把握を支援する。

[TechTarget]

 IDSシェアー・ジャパンは3月14日、ビジネスプロセス評価(BPM)ツールの最新版「ARIS Process Performance Manager 4.1」(以下、ARIS PPM 4.1)の販売を開始した。

 ARIS PPM 4.1はERP(Enterprise Resource Planning)やレガシーシステムなど、さまざまな既存の業務アプリケーションと連携可能なビジネスプロセス評価ツール。複数システムから抽出したデータを一連のビジネスプロセスとして認識し、ビジネスプロセスフローを生成する。最新版では、Adobe FlashおよびAdobe Flex技術を採用した新モジュール「ARIS Performance Dashboard」が追加され、操作性と柔軟性が向上している。

 ARIS Performance Dashboardは、例えば概略チャートから目標に対する逸脱の原因までをたどることができるなど、経営層が自社のパフォーマンスを一覧で把握するための機能を提供する。カスタマイズを可能にする設定ツール「Dashboard Builder」が標準で付属しており、タイムスライダーや傾向分析、しきい値による信号分析といったKPI(Key Performance Indicator)サマリーをカスタマイズして表示することが可能だ。

 また、ARIS PPM 4.1はリポート機能とリスク管理機能を強化。リポート機能としては、「レポートエンジン」の強化により、RTF(Rich Text Format)/Excel形式でのリポート出力やさまざまなレイアウトが可能になった。リスク管理については例外監視機能が強化された。業務プロセス上の特異点や逸脱値をより柔軟に設定できるようになり、経営層は発見しにくかった自社の問題点や不正をいち早く察知、さまざまな危害や損失を回避できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。