2009年03月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ネットワークに掛かる負荷とコストに注意クラウドがネットワークに及ぼす影響――考慮すべき3つのポイント

クラウドコンピューティング利用の際は、ネットワークがボトルネックにならないよう注意する必要がある。社内システムのクラウド化で浮いたコストが、すべてネットワークコストに食いつぶされることもあり得る。

[Tom Nolle,TechTarget]

 クラウドコンピューティングは現在、ITの中で最も注目されているテーマの1つだ。クラウドコンピューティングとは、データセンター機能とリソースを、ネットワーク接続を介して外部にアウトソーシングすることをいう。ITニーズがさまざまに変化する多くの企業にとってクラウドコンピューティングは、社内で多額の経費を掛けて余分なコンピューティングパワーを維持管理する代替となり得る。課題は、浮いた経費がすべてネットワーク経費に食いつぶされないよう気を配ることかもしれない。

 コンピューティングの「典型的な」用途などというものは存在しない。企業がITを使う目的は、トランザクション処理、Web販売、顧客サポート、データ分析とマイニング、法令順守リポートなど極めて多種多様だ。こうしたアプリケーションをクラウドコンピューティングでホスティングする場合、クラウドリソースを会社のデータセンターリソースに接続してデータにアクセスできるようにする必要がある。さらに、クラウドにあるアプリケーションにユーザーがアクセスできるようにすることも必要だ。これがネットワークにどのような影響を与えるかは、3つの重要な側面に懸かっている。

 まずはソースデータの側面だ。クラウドで実行するアプリケーションにはデータが要る。そして、それをどこから取得するかは、クラウドコンピューティングのコストとパフォーマンスにネットワークが与える影響という意味では、最も重要な要素となる。アプリケーションに大量のデータ(1つあるいは複数の大規模データベースなど)がかかわる場合、データに高速かつ安定してアクセスできなければ、アプリケーションの実行時間がかかり過ぎる。そこで、データをクラウドに置くか(その場合はコストとプライバシーの不安が生じるかもしれない)、超高速のネットワークと高いQoS(Quality of Service)を確保してクラウドへの接続をサポートする必要がある。

 必ず考慮しなければならない2つ目の側面として、ソースデータの更新とバックアップがある。アプリケーションのソースデータが高度に動的な場合、あるいはバックアップを取ったり社内の別のデータと同期を取る必要がある場合、クラウドのデータリソースと会社のデータリソースの間の連携は極めて効率的でなければならない。データが静的であれば、データのメンテナンスのためにネットワークにそれほど厳しい条件を求める必要はなく、会社のネットワークにほとんど影響を与えないこともある。

 3番目の側面はアクセスの分散だ。複数の国にまたがる多数の拠点からアプリケーションにアクセスする場合、アクセスの大部分は恐らくインターネットまたはインターネットVPN経由になるだろう。自社の施設からのアクセスが中心になるのなら、クラウドコンピューティングのリソースを会社のネットワークに接続することが必要になるだろう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...