2009年04月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

社内クラウドに適しているケースと適さないケースプライベートクラウドの計画段階で注意すべきこと

社外のクラウドサービスを利用するべきか? あるいは社内にプライベートクラウドを構築した方がいいのか? この難しい判断を行う際に留意すべき幾つかのポイントを解説する。

[Tom Nolle,TechTarget]

 プライベートクラウド(企業内に構築するクラウドコンピューティング)という概念は矛盾した表現だという人がいる。だが実際には、自社専用のクラウドを利用したいという企業は決して少なくない。その一方で、プライベートクラウドをあえて導入する必要性を感じないという企業もある。多くの企業にとって、自社がどちらのグループに属するのかを判断するのは難しい問題だ。

 クラウドコンピューティングとはリソースの仲介システム、すなわちプロセッシングリソース(CPU、メモリ)とストレージリソースを柔軟かつ透過的な方法で配分するためのアーキテクチャだ。社内のITリソースを配分するのが難しいアプリケーションの場合は、プライベートクラウドを採用するのは困難だ。プライベートクラウドでは、まず小さな規模でスタートし、以下の点に注意しながら徐々に導入を進めていくことが望ましい。

「スター型」構成の企業内ネットワークは境界を作り出す

 すべてのクラウドコンピューティングアプリケーションは、ユーザーのデスクトップとクラウド内のサーバとの間で高品質の接続をサポートしなければならない。大抵の企業内ネットワークは、そういったオープンな接続性を実現するようには設計されていない。現在でも多くのネットワークは、各リモートオフィスをデータセンターに接続する「スター型」構成を採用している。

 スター型構成では、データセンターの境界がクラウドの境界になる。この制約のため、自社運用のクラウドコンピューティングに移行するメリットを見いだすのは難しいかもしれない。複数の場所でクラウドリソースをホスティングできれば、デスクトップへの接続パスに十分な帯域幅とQoS(Quality of Service)を提供できるはずだ。そういった環境でなければ、パフォーマンスのばらつきのためにアプリケーションの使い勝手が損なわれることになる。

プライベートクラウドに適したアプリケーションとは

 プライベートクラウド上で運用するのに最も適しているのは、演算処理が主体でデータベースへのアクセスが少ないアプリケーションだ。複製可能な静的データストアを利用するアプリケーションもプライベートクラウドに適している。

 プライベートクラウド上で運用するのが最も難しいのが、データベースへのトランザクションアクセスを行うアプリケーションだ。このようなアプリケーションに割り当てられたサーバは、情報を管理するデータベースに接続する必要がある。この構成ではバックエンドのストレージネットワークのパフォーマンス問題を引き起こし、その結果クラウドコンピューティングが悪夢と化す恐れがある。また、データベースの複数コピーが必要とされるケースでは、データベースの同期に関する問題も生じる可能性がある。

本稿筆者のトム・ノル氏はCIMI Corporationの社長。同社は1982年以来、テレコムとデータ通信を専門に手掛けてきた戦略コンサルティング会社。最新の通信戦略問題を扱った雑誌「Netwatcher」の発行人も務める。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news048.jpg

シャノンとサイカが連携、マーケティングデータの「統計分析サービス」を提供開始
シャノンはサイカと連携し、マーケティングデータの「統計分析サービス」の提供を開始す...

news117.jpg

SSP「MicroAd COMPASS」がAMP対応広告タグの提供を開始
マイクロアドは、媒体社向けに提供している国内最大級のSSP「MicroAd COMPASS」において...

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...