2009年04月17日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS国内ルータ市場、24.1%の大幅回復も企業向け製品は減退続く──IDC予測

IDCが国内ルータ市場2008年の分析と2009年〜2013年の予測を発表。2008年の市場規模は前年比で24.1%成長しているが、企業向けルータ市場は売り上げ・出荷ともに減少が続いた。

[山岡健人,TechTargetジャパン]

 IT専門調査会社のIDC Japanは4月16日、「国内ルータ市場2008年の分析と2009年〜2013年の予測」を発表した。2008年の国内ルータ市場は売上額が前年比成長率24.1%増の1541億4500万円(エンドユーザー売上額)、出荷台数は320万3200台となった。また、2008〜2013年までの年間平均成長率(CAGR)は、通信事業者向けルータが市場の下支えになり生産台数が5.5%、売上額は0.9%になると予測している。

画像 国内ルータ市場の出荷台数とエンドユーザー売上額の予測(2005年〜2013年)

 前年までの減少傾向から回復した要因として、通信事業者向けルータの売り上げ がNTTグループのNGN(次世代ネットワーク)サービス向け需要を中心として大きく回復したことを挙げている。なお、通信事業者向けルータベンダー上位3社であるシスコシステムズ、ジュニパーネットワークス、アラクサラネットワークスはいずれも前年比で大幅な売上増加となった。

 一方、企業向けルータ市場は、売上額・出荷台数のいずれにおいても減少が続いた。IDCはこの要因として、企業のネットワーク更改サイクルが下降局面に入っていたことや、国内の経済状況の悪化を挙げている。企業向けルータ市場でもシスコシステムズが首位を確保し、SOHOルータ市場でトップシェアのヤマハが続いた。

 IDC Japanのコミュニケーションズ マーケットアナリスト、草野賢一氏は今後の企業向けルータ市場について、「景気回復期には企業のIT投資の復調だけではなく、企業ネットワークのリプレースを促進する要因が重なり、ルータ需要が強く喚起される可能性がある」と分析。モバイルネットワークの安定利用を可能にする技術開発や、高処理能力ルータの活用方法の蓄積など「景気回復期に向けた機能開発を推進すべき」とコメントしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...