2009年06月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

付属の管理技術SCVMMでHyper-VでVMを数クリックで複製する方法

Hyper-Vの管理プラットフォームであるSCVMMを使い、既存のソースVMをカスタマイズしてVMテンプレートを作成することで、VMを迅速に展開する方法を紹介する。

[Greg Shields,TechTarget]

 仮想化の1つのメリットは、コピー&ペーストを利用して、仮想マシン(VM)の複製、つまり既存のVMをベースに新しいVMを作成することができることだ。新しいVMが必要になったら、VMのディスクファイルを別の場所にコピーすればよい。もっとも、大まかに言えばそうなるが、この一見シンプルなプロセスには、管理者が見落としがちな幾つかの追加作業がある。

 本稿では、Hyper-Vの管理プラットフォームであるSystem Center Virtual Machine Manager(SCVMM)を使って、既存のソースVMをカスタマイズしてVMテンプレートを作成することで、VMを迅速に展開する方法を紹介する。

テンプレートを使ってVMを迅速に展開

 VMの複製においては、VMのコピー&ペーストは作業全体の半分にすぎない。コピーを作成すると、ソースVMと同じものができるが、環境に合わせてVMをカスタマイズする作業も必要だ。Hyper-Vとその管理技術のSCVMMは、VMテンプレートを利用してこの後半の作業を自動化する機能を備えている。初めはこの自動化に必要な準備が手間に思えるかもしれない。だが、この準備をしておくことで、最終的に新しいVMを数クリックで迅速に展開できるようになる。以下では、SCVMMでVMテンプレートを作成し、これを用いてVMを展開する方法をステップを追って説明していこう。

ステップ1 ソースVMの作成

 最初に、ソースVMを用意する必要がある。ソースVMは、ソースVMを基にどのようなVMを作成したいかに応じて構成しなければならない。つまり、すべての必要なアプリケーション、構成、更新プログラム、ユーティリティを含める必要がある。Symantec Ghostでマスターイメージからクローンが作成されるように、ソースVMはほかのVMを作成する基になる「ゴールデンイメージ」だ。

 だが、ソースVMからテンプレートを作成するプロセスには、手間の掛かる部分がある。SCVMMは、ソースVMからテンプレートを作成する場合、ソースVMを破棄する仕組みになっている。あらかじめこのVMをライブラリにコピーし、電源をオフにしたオリジナルのVMをソースVMとして使わなければならない。SCVMMがSysprepツール(WindowsのOS展開ユーティリティ)を使用することから、テンプレートの作成プロセスではソースマシンの電源がオフになっていなければならないからだ。また、SCVMMは、チェックポイントを持つHyper-V VMからのテンプレート作成をサポートしていない。このため、テンプレートのソースとして使うVMのチェックポイントは、ロールアップするか、削除しておかなければならない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

「AIアナリスト」、Webにおけるコンバージョンを売り上げとひも付ける機能追加
WACULは、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」にWebサイト上のコンバージョンと売り...

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...