2010年03月26日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSPPC、BPM製品の新版「jCOM1 S-BPM Suite 3.4.0」を発表

プロセスモデリング/実行ツールのUIが向上し、作業プロセスを簡素化。IFRSにも対応した。

[TechTargetジャパン]

 パワード プロセス コンサルティング(PPC)は3月25日、BPM(ビジネスプロセスマネジメント)製品の最新版「jCOM1 S-BPM Suite 3.4.0」を発表した。4月16日より出荷開始し、ライセンス価格はモデラー1人、エンドユーザー20人の最小構成で約1000万円から。

 jCOM1は、ドイツのジェイコムワン(jCOM1)が開発し、PPCが国内販売代理店を務めるBPM製品。国内では2010年2月より提供開始している。業務ユーザー間のコミュニケーションを中心に据えたサブジェクト指向のBPMで、プロセスモデリングツール「jPASS!」、プロセスの確認・テストツール「jLIVE!」、プロセスの実行ツール「jFLOW!」、管理者向けWebアプリケーションツール「ベーシックコンポーネント」という4つのコンポーネントで構成されている。

 主な特長は、プロセスモデル/ワークフロー/実行系システムといったシステム化における三大要素を完全統合している点。特に、既存のBPMツールの課題であった実行系のシステム(SAPやOracleの基幹システム)やそのほか既存のITシステムとの連携が容易だという。

 最新版では、jPASS!とjFLOW!のUI(ユーザーインタフェース)が向上し、jPASS!では1プロセス当たりのモデリング時間が従来比約35%短縮するなど、より柔軟な作業プロセスを実現した。また、IFRS(国際会計基準)にも対応し、経理や営業などの業務プロセス変更、および継続的な改善管理を支援するとしている。

 PPCでは、国内販売パートナーを通じて初年度5億円のライセンス販売を目指す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...