2010年05月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Ask the Expert【Q&A】32ビット版Windowsから64ビット版に移行する際の注意点

64ビット版への移行はソフトウェアよりもハードウェアが問題になることが多い。その原因と対策を紹介する。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

質問:社内システムを32ビットWindowsから64ビットWindowsに移行することを検討していますが、アプリケーションとハードウェアの互換性が心配です。何に注意すればいいですか?

 32ビットWindowsで動くアプリケーションの大部分は64ビットWindowsでも動く。わたしは今、64ビットWindows上で32ビット版Office 2007、32ビット版Firefox、音楽プレーヤーのfoobar2000、IMクライアントのPidginを立ち上げた状態でこの記事を書いているが、どれもパフォーマンスに目立った問題はない。

 Microsoftは、あらゆる32ビットアプリケーションが64ビットWindowsでも透過的に動作するように長年にわたって取り組んでおり、それが実を結んでいる。

 一般的に、問題になるのはアプリケーションではなく、ハードウェアだ。64ビットデバイスドライバがないために64ビットWindowsで使えないハードウェアがある。

ハードウェアが使えない場合の対応策

 ハードウェアが64ビットWindowsで使えない場合、その原因は以下の2つだ。

関連ホワイトペーパー

Windows | 64ビット | 32ビット | x86


ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

ログリーとビルコム、B2B企業向けコンテンツマーケティング支援事業を行う新会社設立へ
ログリーとビルコムは、共同出資により、新会社を設立することで合意した

news010.jpg

「Amazon Echo Spot」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...