2010年09月03日 22時13分 UPDATE
ニュース

NEWSNTTデータ ビズがIFRS対応の「連結クラウド」、会計・連結を月額課金で

NTTデータ ビズインテグラルが会計システム、連結システムを月額料金で利用できるようにするIFRS対応の新サービスを発表した。ディーバと提携し、低コストを求める企業のニーズに応える。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 NTTデータ ビズインテグラルは9月3日、IFRS対応に必要な連結会計処理をクラウドコンピューティング上で行う新サービス「連結クラウド」を発表した。連結システムを持つディーバと業務提携し、機能を用意した。ビズインテグラルの代表取締役社長 中山義人氏は「クラウドを使うことで、悩めるIFRSへの対応をスピーディ、低コストにする」と話した。

 連結クラウドはNTTデータのクラウド基盤である「BizXaaSプラットフォームサービス」上に構築。ビズインテグラルのERPパッケージである「Biz∫」の会計モジュールと、グループ子会社の総勘定元帳を統合する「Biz∫G元帳」、グループ連結処理を行う「Biz∫連結」の3つで構成する。Biz∫G元帳とBiz∫連結はそれぞれディーバの「DivaSystem GEXSUS」と「DivaSystem 9」で、ディーバからOEM提供を受けてクラウド上に実装した。ディーバの代表取締役社長 森川徹治氏は「開示に関する会計の負担を減らしたい。そのための業務提携だ」と話した。

画像 連結クラウドの概要《クリックで拡大》

 連結クラウドを使うと想定している企業は3つのタイプに分けられる。1つは単体ERPを含めてIFRS対応が求められるグループ子会社。このパターンでは、個別ERPの財務データをBiz∫G元帳で統合し、IFRSに組み替え、Biz∫連結で連結処理する。単体ERPを改修することなく、仕訳レベルのIFRS対応ができ、IFRSベースの全社管理会計などが低コストで実現できるという。

画像 NTTデータ ビズインテグラルの代表取締役社長 中山義人氏(右)とディーバの代表取締役社長 森川徹治氏

 2つめのパターンは既存の個別ERPを利用せずに、連結クラウドの全機能を利用するパターン。ERPはBiz∫会計を利用し、Biz∫G元帳で総勘定元帳を統一し、Biz∫連結でIFRSの連結財務諸表を出力する。ERPの改修を行うことなく、IFRSに基づく財務諸表を出せる。

 3つめのパターンはIFRSに対応しない個別ERPを利用している場合のパターン。その個別ERPはそのままにして、仕訳情報だけを連結クラウドに渡す。ビズインテグラルは会計事務所などIFRS組み替えサービスを提供する企業とも協力し、仕訳情報の整理などを行う態勢を用意する。

 ビズインテグラルは大多数のグループ子会社はこの3番目のパターンを選択すると見ていて、同社の取締役 営業本部長 田中秀明氏は「IFRSによる開示を軽く、安く行いたいという企業が大多数だ。連結クラウドでそのための基盤を提供する」と話した。

 連結クラウドは2011年4月以降に提供開始する予定。2015年までに3000社への導入を目指している。料金は未定だが、中山氏は「月額料金で利用できる」と話した。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

「インスタ映え」の極意が調査で明らかに――動画の「いいね!」獲得数は静止画の3倍
秋の気配をスマホで切り取ってシェアしてみたくなるこの季節。リア充な人もそうでない人...

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...

news069.png

Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャル...