2013年05月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

分析ツールでデータサイエンティストの負担軽減ここまで来た「交通情報ビッグデータ分析」

世界1億台の車両から収集する大量のセンサーデータを基に、過去、現在、未来の交通情報を割り出すのが、米INRIXだ。同社の分析システムの裏側に迫る。

[Karen Goulart,TechTarget]

 最新の交通情報が携帯電話や車両のダッシュボードのGPSに届く仕組みについて考えたことがあるだろうか。A地点からB地点の間には、何十億というデータポイント(分析対象のデータ)が存在する。米INRIXなどの企業は、こうしたデータを全て整理して意味を与えている。世界32カ国のドライバーが、少しでも早く目的地にたどり着けるように。INRIXは2005年、「交通情報に対する世界の見方と扱い方を変える」という目標を掲げて創設された。

 かつて(場合によっては今も)交通情報は、米国運輸省が設置したセンサーと交通情報ヘリコプターによって収集するのが一般的だった。一方、INRIXの「Smart Driver Network」は、センサーを搭載した世界の民間/商用車両約1億台からデータを集め、「現在」「過去」「未来」の交通情報を提供する。

 INRIXにとって、ビッグデータの高速な分析は得意分野だ。ほとんどの企業は、どのデータポイントを保持するか決めるのに苦労している。だがINRIXにとって、取得可能なデータは基本的に全て役に立つ。実際の問題は、こうしたデータを顧客にとって意味のある形でどれだけ早く届けられるかだと、INRIXの製品管理担当上級ディレクターであるケン・クランセラー氏は言う。

データ分析ツールで「スコア」を記録

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...