2013年05月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

意外に少ないブラウザの利用時間モバイルユーザーの時間の半分はゲームとFacebookに費やされる

スマートフォンやタブレットのユーザーはその端末上で何に時間を費やしているのか。最新の調査によるとそれはゲームとFacebookだという。Webブラウザの利用が意外に少ない理由は?

[Michael Wall,TechTarget]

 モバイルユーザーがスマートフォンタブレットで利用するアプリケーションのうち、Webブラウザは全利用時間の最大4分の1ほどであることが、モバイルアプリ調査会社、米Flurry Analyticsの最近の調査で分かった。ゲームとFacebookは、両方合わせてアプリ利用時間全体のおよそ半分を占める。

 スマートフォンとタブレットは、もはやわれわれの日常生活に欠かせないものとなった。これらのモバイルデバイスは、娯楽、健康医療、教育、その他の広範な分野において、今日極めて重要なデバイスとなっている。消費者のニーズが変化すれば、これらのデバイスを利用する手段も変わってくるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...