2013年05月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

意外に少ないブラウザの利用時間モバイルユーザーの時間の半分はゲームとFacebookに費やされる

スマートフォンやタブレットのユーザーはその端末上で何に時間を費やしているのか。最新の調査によるとそれはゲームとFacebookだという。Webブラウザの利用が意外に少ない理由は?

[Michael Wall,TechTarget]

 モバイルユーザーがスマートフォンタブレットで利用するアプリケーションのうち、Webブラウザは全利用時間の最大4分の1ほどであることが、モバイルアプリ調査会社、米Flurry Analyticsの最近の調査で分かった。ゲームとFacebookは、両方合わせてアプリ利用時間全体のおよそ半分を占める。

 スマートフォンとタブレットは、もはやわれわれの日常生活に欠かせないものとなった。これらのモバイルデバイスは、娯楽、健康医療、教育、その他の広範な分野において、今日極めて重要なデバイスとなっている。消費者のニーズが変化すれば、これらのデバイスを利用する手段も変わってくるだろう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経...

news103.jpg

ダイナミックリターゲティング配信の「nex8」が 「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」をマイクロア...

news088.jpg

見込み客情報が「足りている」企業は2割未満──SATORIがB2Bマーケティングの実態を調査
SATORIは、国内B2B企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果についての調査を実...