2013年07月22日 11時00分 UPDATE
連載ミドル

「消費税増税」関連記事インデックス

2014年にも予定されている消費税の増税。この増税は企業の経理処理にどのような影響を及ぼすのか。消費税の基本やシステム対応についての解説記事を紹介する。

[ITmedia]

消費税改正とシステム対応

【第1回】

実は始まっている「消費税率アップ」の影響、対応のポイントは

2014年4月に迫る消費税の税率アップ。しかし、その「経過措置」を考えるとすぐに対応を検討しなければならない業種もある。経理部門、業務部門、IT部門が考えるべきことをまとめた。


【第2回】

勝負は10月1日――消費税「経過措置」とは

消費税率のアップ以前に問題となる「経過措置」。対応方法の他、検討が必要となる業種や取引を分かりやすく説明する。


【第3回】

消費税増税、システム対応の肝は「仕入税額控除」

消費税増税への対応は最終的にシステム改修などが必要になるケースが多い。ではどのような観点でシステムを確認すればいいのか。ポイントは「仕入税額控除」だ。


解説記事

むちゃ振り上司”にこういわれたら

「消費税増税にどう対応すればいいのか調べて」と質問されたら

2014年4月1日から新しい税率に基づく消費税法が施行される。今回は「消費税増税にウチの会社はどう対応すればいいの?」と上司にこういわれたときの対応を考える。


ホントを知りたい! 話題の会計キーワード

すいすい分かる!? 消費税増税

2014年にも予定されている消費税の増税。この増税は企業の経理処理にどのような影響を及ぼすのでしょうか。経理部の久保田君と橋本マネジャーが消費税の基本から「95%ルール」の変更まで分かりやすく解説します。


市場動向

消費税増税へ、改修必至の企業システムは?

消費税増税の可能性が高まってきた。しかもこれまでに例のない2段階での増税で、一部商品に対する軽減税率の適用も検討されている。企業情報システムへの影響を考えてみた。


早めの着手が必要な小売業

消費税増税対応のポイントは、トーマツに聞く

「過去の消費税増税時と同じような対応でいいかというと、必ずしもそうではない。会計システムだけではなく、業務系のシステムにも影響があるだろう」と指摘。

Loading