2013年09月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

客室乗務員全員にスマートフォンをWindows Phone 8はデルタ航空とともに飛躍するか

米Delta Airlinesは機内販売の決済処理を行う端末としてWindows Phone 8を1万9000台購入し、配備を完了した。米MicrosoftにとってはWindows Phone 8の実力をアピールする、待望の好機である。

[Diana Hwang,TechTarget]

Windows Phoneが成功に向かう大事な一歩

 「1万9000台のWindows Phone 8端末なんて、モバイル端末市場では大海の一滴だ」と話すのは、ITコンサルティング会社、米Pund-ITの主任アナリスト、チャールズ・キング氏だ。「それでも、米Delta Airlinesのような大手企業で採用されたという実績は、Windows Phoneが成功に向かう大事な一歩といえる。これまでのところ、一般消費者からの反応が大きいようには見えなかったからだ」

 iOSとAndroidベースの端末が席巻する市場で、Windowsベースのスマートフォンはじわじわとシェアを伸ばしている。とはいうものの、調査会社の米IDCが発表した最新のデータによると、市場全体でのシェアは現段階では1桁台にとどまっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。