2013年09月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

客室乗務員全員にスマートフォンをWindows Phone 8はデルタ航空とともに飛躍するか

米Delta Airlinesは機内販売の決済処理を行う端末としてWindows Phone 8を1万9000台購入し、配備を完了した。米MicrosoftにとってはWindows Phone 8の実力をアピールする、待望の好機である。

[Diana Hwang,TechTarget]

Windows Phoneが成功に向かう大事な一歩

 「1万9000台のWindows Phone 8端末なんて、モバイル端末市場では大海の一滴だ」と話すのは、ITコンサルティング会社、米Pund-ITの主任アナリスト、チャールズ・キング氏だ。「それでも、米Delta Airlinesのような大手企業で採用されたという実績は、Windows Phoneが成功に向かう大事な一歩といえる。これまでのところ、一般消費者からの反応が大きいようには見えなかったからだ」

 iOSとAndroidベースの端末が席巻する市場で、Windowsベースのスマートフォンはじわじわとシェアを伸ばしている。とはいうものの、調査会社の米IDCが発表した最新のデータによると、市場全体でのシェアは現段階では1桁台にとどまっている。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。