2014年01月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

新興企業のアイデアに期待CIOの大手ベンダー離れが深刻に──「大手はイノベーションを生み出せない」

CIO対象の調査において、イノベーションを求めるCIOの姿が浮かび上がった。約半数がITベンダーを変更し、4分の1が中堅・中小のベンダーと提携するとしている。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

関連キーワード

CIO | イノベーション | ベンダー


Computer Weekly

 2000人の上級IT役員を対象に米Gartnerが実施したCIO調査から、サプライヤーとの関係管理に変化の兆しが読み取れた。

 この調査では、回答者の68%がITプロバイダーの変更を、4分の1が中堅・中小のサプライヤーの採用を予定していた。また、新しいサプライヤーを採用すると回答したのは約半数(46%)で、サプライヤー管理の観点から多様性を持たせようとしていると回答したのは26%である。

Computer Weekly日本語版 2014年1月8日号無料ダウンロード

0108_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2014年1月8日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 この調査結果は、IT部門の役割の認識に変化があることを暗示しているのかもしれない。しかし、従来のリスク管理の方法(とサプライヤーの事業実行可能性を検証するためのチェックアンドバランス)は、中堅・中小企業(SMB)にとっては障害になる。

 Computer Weeklyが以前リポート(訳注)したように、英国政府が打ち出した政策にもかかわらず、いまだに入札プロセスは複雑でコストも掛かるようで、中堅・中小のサプライヤーは入札から閉め出されるケースがある。

訳注:本誌「2013年8月21日号:PRISMスキャンダルで加速する脱・米国クラウド」の「英国労働・年金省主導のITプロジェクトでアジャイル開発が失敗した理由」。

 SMBは、専門用語とプロセスを理解し、必要な情報にアクセスするためにCESG(英国通信電子セキュリティグループ)に高い料金を払って認定コンサルタントを雇い、提供するITサービスの検証に必要なITヘルスチェックの実行をCESG認定請負業者に依頼しなければならない。

小規模のITサプライヤーとの提携

 中堅・中小のサプライヤーとの提携は、バルセロナで開催された2013年のガートナーシンポジウムで注目のトピックの1つだった。このイベントのセミナーにおいて、米GE Capitalのケビン・グリフィンCIOは次のように述べている。「われわれは大規模ベンダーの管理には長けている。現在はサプライヤーについて、より深い知見がある。鍵はパートナリング(訳注)だ。ソリューションを提供するに当たり、われわれは考え方を変え、より小回りのきく企業と提携する必要がある」

訳注:発注者やコンサルタント、サプライヤーとそのパートナー企業でチームを作るプロジェクト方式で、英国発祥。

 英新聞販売店Menzies Distributionのデイビッド・スペアーズCIOは、“唯一の信頼できるバージョン(One Version of the Truth)”を実現するSAPシステムの導入に3年かかったという。

 「プラットフォームが安定するまでに、この数年を費やした」と同氏は明かす。

 デリバリが完了したので、イノベーション戦略を進められる体制になったとスペアーズ氏は語る。「新興企業と提携することが格段に多くなった。新興企業には斬新なアイデアがあり、以前よりも採用するケースが大幅に増えている」

 しかし、大企業や行政機関の場合、サプライヤーのリスク評価と法規制へのコンプライアンスが、中堅・中小のIT企業と提携しにくい状況を生む場合がある。イングランド銀行のジョン・フィンチCIOは、「大手サプライヤーは、われわれが必要とするスピードでイノベーションを生み出すことができない」と話している。このように中堅・中小のIT企業に対するCIOの見方が変わってきたのは、IT担当者の優先順位が変化しているためだ。

ITの工業化を敬遠

続きはComputer Weekly日本語版 2014年1月8日号にて

0108_80.jpg

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。

Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 12月18日号:Windows Server 2012 R2徹底レビュー

別冊Computer Weekly 企業向けGoogleサービスのリスクとメリット

Computer Weekly日本語版 12月4日号:iPadに勝利したWindows 8タブレット


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...