2014年02月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

中小企業が知っておきたい運用管理/資産管理ツールの選定ポイント【第3回】中小企業で求められるPC管理 失敗しないために大切な視点とは

中小企業における運用管理/資産管理ツールの選定ポイントを解説。第1回は運用管理/資産管理ツールの全体像、第2回は注目すべき動向に触れた。第3回はPCを対象とした運用管理/資産管理ツールを取り上げる。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 運用管理/資産管理ツールの守備範囲は非常に広い。そのため、「自分が着目している内容が全体像のどの位置にあるのか?」を常に意識しておくことが大切だ。前回(ジョブ管理ツールとハードウェア同梱ツールでできる賢いサーバ管理術)と同様に「役割」(「監視する」「設定する」「統合する」)および「対象」(「PC」「サーバ」「ネットワーク」)の観点から整理した図1を確認しておこう。

zuhan001.png 図1:運用管理/資産管理ツールの守備範囲

PCを対象とした運用管理/資産管理は情報漏えい防止の色彩が強い

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...