2014年06月13日 12時00分 UPDATE
特集/連載

壊れる前に直してトラブルを未然に防ぐビッグデータで車の故障を予測 アナリティクスで変わる製造業

ビッグデータのビジネス活用が注目されているが、製造業など、ものづくりの分野での活用事例が増えてきている。SAS Institute Japanが開催したイベントの講演を基にデータ活用とアナリティクスの先進事例を紹介する。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]

 ビッグデータのビジネス活用が叫ばれて久しい。先進的な企業は、業務データやソーシャルデータ、オープンデータといったさまざまなデータを駆使することで、収益向上やコスト削減、リスク管理、プロセスの改善など、ビジネス価値を高めようしている。

0612_kf_sas_pics001.jpg SAS Institute Japanの山下克之氏

 製造業など、ものづくりの分野においても、ビッグデータの活用事例が増えてきている。製品や部品に取り付けたセンサーから集めたデータを分析・解析することで、出荷後の製品の稼働状況を把握し、不良検知や予防保全に役立てている。

 また、大規模設備や装置などの故障の予兆を分析し、故障前に把握・予測できれば、予期せぬトラブルの発生を未然に防ぐことができる。

 本稿では、SAS Institute Japanが開催したイベントの講演を基に、ビッグデータおよびアナリティクスの先進事例を紹介する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...