2014年06月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

各社が取り組む機能強化“変化するものだけが生き残る” 仮想化ハイパーバイザー進化論の現在

サーバ仮想化技術はすっかり成熟した感があるが、各社のロードマップを見ると、それぞれのハイパーバイザーにまだまだ秘策があるようだ。

[Beth Pariseau,TechTarget]
tt_aa_5994.jpg

 サーバ仮想化市場における差別化と競争は依然として活発だ。米IT関連市場調査会社IDCによると、米Microsoftの「Hyper-V」は2013年、米VMwareの「VMware vSphere」(以下、vSphere)からシェアを約5%奪った。それでもまだ56.8%の市場シェアを持つVMwareは、サーバ仮想化業界の巨人であることに変わりないが、機能向上の努力を続けてきた他社製品へ乗り換える顧客もいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。