2014年06月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

各社が取り組む機能強化“変化するものだけが生き残る” 仮想化ハイパーバイザー進化論の現在

サーバ仮想化技術はすっかり成熟した感があるが、各社のロードマップを見ると、それぞれのハイパーバイザーにまだまだ秘策があるようだ。

[Beth Pariseau,TechTarget]
tt_aa_5994.jpg

 サーバ仮想化市場における差別化と競争は依然として活発だ。米IT関連市場調査会社IDCによると、米Microsoftの「Hyper-V」は2013年、米VMwareの「VMware vSphere」(以下、vSphere)からシェアを約5%奪った。それでもまだ56.8%の市場シェアを持つVMwareは、サーバ仮想化業界の巨人であることに変わりないが、機能向上の努力を続けてきた他社製品へ乗り換える顧客もいる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...