2014年09月01日 12時00分 UPDATE
特集/連載

使わないリザーブドインスタンスは売却が可能AWSのコストを下げる「リザーブドインスタンス」の効果的な使い方

いったんクラウドを利用し始めると、キャパシティーを常に監視できなくなる場合がある。予約制のリザーブドインスタンスを使って供給を需要に合わせれば、請求書の額を減らすことが可能だ。

[Russ Vanderpool,TechTarget]
tt_aa_6116.jpg

 企業がクラウドの導入を検討するのは、クラウドは迅速に展開でき、スケーラビリティを提供するからだ。そして多くの企業が米Amazon Web Services(以下、Amazon)のクラウド「Amazon Web Services」(以下、AWS)を検討するのは、AWSは各種サービスも充実しているからだ。だが、AWSインフラを構築する際にキャパシティープランニングを怠った結果、過度な料金を支払う羽目になっている企業は少なくない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...