2009年08月27日 07時30分 公開
特集/連載

クラウド利用は本当にコスト削減になるのか?クラウドに飛びつく前に検討すべきこと

クラウドの経費が積み重なれば、社内でインフラを一括導入した場合の経費に匹敵し、あるいはそれを上回ることもある。

[Christina Torode,TechTarget]

 クラウドコンピューティングは、ハードウェアやソフトウェアに前倒しで掛かる経費を移し替えるものだ。ただしこのコストを何カ月にも、何年にもわたって配分すれば、いずれは帳尻に響く。そしてその過程で、自社でデータセンターを保有した場合と同じデータ保護およびコンテンツ管理の課題に直面することもある。

 クラウドコンピューティングに掛かる経費は、積み重なれば前倒しの一括経費に匹敵し、あるいはそれを上回ることもあるのが現実だ。米PropertyRoom.comのCTO(最高技術責任者)、デイブ・バンクス氏はその現実を受け入れるつもりだと話す。

 PropertyRoom.comは1800の警察署・自治体で押収したり不要になったりした物品を競売に掛けるWebビジネスを展開しており、新しいオークションエンジンをクラウドコンピューティングサービス事業者Savvisのデータセンターに置くことにより、約50万ドルの前払い経費が浮いた。浮いた経費にはサーバ、ネットワークインフラ、ソフトウェアのライセンス料、サーバ/ネットワーク管理のための人件費などがある。

 前払いせずに済んだ経費のうち特に大きかったのは、Oracle Databaseのライセンス料だ。PropertyRoom.comは月額推定1万ドルでSavvisのインフラにオークションエンジンを置いて管理運営を任せており、Oracleのライセンス料もこの料金に含まれる。4、5年たてば、払ったサービス料の総額は、社内にオークションエンジンを置いて管理運営していた場合に掛かる前払い経費に匹敵する規模になる。

 バンクス氏は言う。「資金を前倒しで使わずに移し変えた見返りとして、顧客である警察署の近くに新しく倉庫を建てることができた。これはガソリン代など別の経費を大幅に削減する役に立っている。米国各地の倉庫へトラックで物品を輸送するのはコストがかさむ」。同社は今ではシアトル、シカゴ、ロサンゼルス、ニューヨーク、フロリダに倉庫を持つ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...