2015年02月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイルシンクライアントの落とし穴スマートフォンからデスクトップPC操作、その便利さと問題は

モバイル端末をシンクライアント端末として利用するときの操作性は徐々に改善されている。ただし、接続性やテキスト入力など、「使いにくい」と感じる点はまだ残っている。

[Alastair Cooke,TechTarget]
tt_tt_VDI_01.jpg

 仮想デスクトップインフラ(VDI)は、さまざまな種類の端末からアプリケーションへアクセスできるようにする。外勤のスタッフでも、デスクトップPCやノートPCだけでなく、タブレットなどのモバイル端末から会社のアプリケーションへアクセス可能だ。

 ただし、VDIのエクスペリエンスは、全ての端末で同じわけではない。ネットワークの速度や画面サイズ、タッチインタフェースなどの使い勝手が、ユーザビリティに大きく影響するからだ。利用に適する仕事やスタッフメンバーも、モバイル端末の種類によって異なる。

モバイルシンクライアントに潜む「3つの落とし穴」

 会社が端末を支給して「BYOD(私物端末の業務利用)」を進めているなら、エンドユーザーにはタブレットやスマートフォンを含む多様なモバイル端末の選択肢を提示することが重要だ。それが、モバイル端末をシンクライアント端末として利用するときのカギになる。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、2015年に企業が注目すべき最新技術の関連記事を集約したテーマサイト「はやる技術を先取りチェック 大胆予測、2015年に伸びる注目技術はこれだ」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」を抽選でプレゼントします。


落とし穴1:モバイルネットワーク

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...