2015年07月09日 12時00分 UPDATE
特集/連載

コンテナが実現するスケーラビリティ待望のマイクロWindows「Nano Server」がコンテナ実行に最適な理由

クラウドコンピューティングでは理想的なコンポーネントになるコンテナ。そのコンテナの優位性と実現できるスケーラビリティとは。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
tn_tt_cont001.jpg ホストOS型とコンテナ型の違い(TechTargetジャパン記事1回で分かる:仮想化とは違うコンテナ技術「Docker」って何?より)《クリックで拡大》

 アプリケーションの実行ファイルやファイルシステムをまとめるコンテナとは、アプリケーション仮想化を単に言い換えたものではない。コンテナによって、アプリケーションを構築、展開、保守する方法も変わる。アプリケーションのこれまでのワークロードでは、アプリケーションを構成するプログラムコード、コンポーネント、サービスの全てを1つの完全なパッケージとして開発、展開、インストールするという点で融通が利くにくい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

60歳以上の趣味、最多は「パソコン・インターネット」で6割超
ビジネスパーソンのスマートフォン利用事情から女性のInstagram活用状況、運動会のお弁当...

news107.jpg

コムニコ、SNS投稿とアカウントを分析するクラウドツール「POST365」の提供を開始
コムニコは、国内主要1000ブランドのSNS投稿、アカウントを分析するためのクラウドツール...

news101.jpg

日本の消費者の94%が広告ブロックソフトの利用を検討、動画広告のアンルーリーが調査
動画SSPを提供するアンルーリーは、「動画広告の将来に関する調査」を実施。日本の消費者...