クラウドコンピューティングの比較記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、比較に関する比較の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

クラウドコンピューティング関連の比較

Microsoft、AWS、Google、IBM、Oracleの「ハイブリッドクラウド」の本気度は?

主要クラウドベンダーは、ハイブリッドクラウドにどう向き合い、どのような製品を提供しているのか。クラウドベンダーのハイブリッドクラウドに対するスタンスや製品展開の方向性を整理する。

Kubernetes管理ツール「Platform9」「OpenShift」「JUKE」の違いは?

マルチクラウドにおけるKubernetesの運用を簡素化する主要な「Kubernetes管理ツール」を紹介。Kubernetesが今後どのような方向性で進化するのかについても考察する。

VMware、Nutanix、Red Hatを比較 プライベートクラウドで選ぶべきベンダーは?

プライベートクラウドを自前で構築する際、ベンダーごとの特性を把握しておけば、どのような製品が自社に適しているかを判断できるだろう。主要な3ベンダーに絞り、選定のポイントを紹介する。

Kubernetes管理ツール「NKS」「Cloudify」「Terraform」「Rancher」を比べた

複数のパブリッククラウドやオンプレミスにまたがる「Kubernetes」環境を管理するIT管理者にとって、運用を簡素化する「Kubernetes管理ツール」が役立つだろう。主要ツールの特徴を紹介する。

「プライベートクラウド」の構築方法を正しく選ぶ4つの評価ポイント

プライベートクラウドを構築するための手法は一様ではない。自前で構築するのか、ベンダーの協力を得るのか。その判断に影響を与えるポイントとは何だろうか。

複数のクラウドサービスを利用して分かったサービスごとのメリット/デメリット

既存システムのクラウド化を考えるとき、どのような基準でクラウドサービスを選ぶべきなのだろうか。クラウドごとの機能や特徴に大きな差がなくなった今、シェアだけではないクラウド選定の新基準を考える。

新しいマルチクラウド管理サービス「Google Anthos」を使うといくらかかる?

「Google Anthos」は、「Google Cloud Platform」の新しいマルチクラウド管理サービスだ。Anthosの利用にかかるコストと利用料を見積もるときの落とし穴、Googleの狙いについて解説する。

Google「Anthos」はAWS、Azureのハイブリッドクラウド支援製品と何が違うのか?

Googleは、ハイブリッドクラウドの運用を支援する製品として「Anthos」(旧「Cloud Services Platform」)を提供している。Anthosは、アプリケーションの最新化を目指す企業の間で広く利用される可能性がある。

AWS、Microsoft、Googleの「ハイブリッドクラウド」戦略は何が違うのか?

ハイブリッドクラウド市場は今後、どのように動くのか。AWS、Microsoft、Googleの主要クラウドベンダー3社の戦略は。調査会社の話を基に整理する。

クラウドから別のクラウドへのデータ移行を容易にする手段10選

複数のクラウドを利用するマルチクラウド環境では、データの移行が複雑になる。クラウド同士のデータ移行に利用できる10個の製品/サービスと、その特徴を解説する。

AWS、Microsoft、Googleの「ハイブリッドクラウド」製品をざっくり理解する

主要クラウドベンダーであるAWS、Microsoft、Googleの3社がハイブリッドクラウド戦略を本格化させている。各社の製品と現状を紹介する。

「AWS Outposts」はクラウドとオンプレミスの境界を曖昧にする 成功条件は?

AWSは、AWSのクラウドインフラと同等のシステムをオンプレミスに持ち込むサービス「AWS Outposts」を提供予定だ。このハイブリッドクラウドサービスが、自社のニーズに合うかどうか確認する方法を解説する。

注目すべきオープンソースのクラウド監視ツール5選

オープンソースのクラウド監視ツールは、ベンダーのネイティブオプションよりも多くのメリットをもたらす可能性がある。本稿で紹介する5つのツールを確認して、自社のクラウド戦略に最適なツールを見極めてほしい。

「クラウド大手はOSSベンダーから“搾取”している」は本当か

AWSをはじめとするクラウド大手が、自社のデータベースサービスにOSSを採用するようになった。そのことからMongoDBなどのOSSのベンダーは、強力な手段である「ライセンス」を使って資産を守ろうとしている。

クラウドの仮想マシン導入コストを削減する方法

多くの企業では、クラウドの仮想マシン(VM)に余計なコストをかけている可能性がある。本稿ではVMを適切なサイズにするための見直し方と、利用料を予算内に収めるための手順を説明する。

AWSやMicrosoft Azureにクラウドで対抗するOracleの秘策 顧客が望む結末は?

Oracleは顧客を「Oracle Cloud」へ移行させるための取り組みに、自社のデータベース製品を活用している。その戦略が成功する可能性はあるのか。

アプリ統合を楽にする「iPaaS」、主要ベンダーの特徴と製品選びのポイントは?

ハイブリッドクラウドのアーキテクチャが広がるのに伴い、アプリケーションやデータの統合に有用な製品へのニーズが高まっている。iPaaSがその助けになる可能性がある。

マルチクラウド管理ツールはどう選ぶ? 主要製品の特徴を比較する

クラウド管理ツールを選定する際、IT担当者が評価すべきポイントについて解説する。本稿で取り上げる6つの機能が搭載されているかどうかが確認のポイントだ。

「Google Compute Engine」の新機能で、仮想マシン作成、複製、管理がもっと楽に?

「Google Compute Engine」(GCE)に追加された新機能の中でも、イメージとテンプレートを中心とする機能は、管理者による仮想マシンの作成と管理の効率を高める可能性がある。

OpenStack導入で見えてきた課題、バックアップツールに何を選ぶ?

OpenStackを導入したとしても、DRやバックアップに関しては面倒な作業を要求されることは珍しくない。この煩雑さを回避するため、サードパーティー製ツールに目を向ける企業もある。

移行前に細部まで精査したいクラウドの本当のコスト

企業はコスト計算ツールやサードパーティーツールなど多様なツールを駆使して、クラウドコンピューティングのために支払うコストを見積もる必要がある。移行に着手する前に。

Google「Cloud Services Platform」はオンプレミス市場に受け入れられるか

Googleがコンテナやマイクロサービスを中心にしたハイブリッドクラウド戦略に重点を置いている。新たに打ち出したCloud Services Platformでパブリッククラウドベンダーとしてのサービスをユーザーの拠点まで拡張する。

AWS、Azure、GoogleのIoTコストを比較 シミュレーションで分かった課金制度の差異

IoTサービスは、データストリームをエンドレスに生成する可能性がある。巨額の請求を毎月受け取らないようにするには、クラウドに送信するデータ量に注意が必要だ。

「AWS」がVMwareユーザーに、「Azure Stack」がMicrosoft支持者に選ばれる理由

ユーザー企業の間でマルチクラウドとハイブリッドクラウドの注目度が高まるにつれ、ベンダー各社は両モデルに合わせて、自社の特性や技術をアピールしている。

LenovoとNetAppがストレージで提携、DellとHPEの牙城を崩す戦略とは

LenovoとNetAppがパートナーシップ契約を結んだ。競合のDellとHewlett Packard Enterpriseを追い上げることが狙いとみられる。両社は企業向けストレージ製品を強化するともに、中国で合弁会社を設立する。

「Google Compute Engine」のシングルテナントVMがもたらす3つのメリット

Googleが使いやすさを考慮したクラウドサービスの探求を続けている。その一環で追加したのが専用のハードウェアに直接アクセスする仮想マシン(VM)だ。レガシーシステム特有の要件が必要な企業にも役立つ可能性がある。

SAP S/4HANAはどこで動かすべき? クラウド、オンプレミス、ハイブリッドを比較

「SAP S/4HANA」の実行プラットフォームに混乱していないだろうか。本稿では、この導入のさまざまな選択肢と、そのメリットとデメリットを考える。

激戦のクラウド市場、IBMとOracleが勝てる分野はここにある

IBMとOracleはレガシーシステムからの脱却を目指しIaaSに力を入れているが、簡単には進まないだろう。ただ、両ベンダーには、クラウド市場全体で力を発揮できる分野がある。

クラウドコスト管理の鍵は優れたガバナンスにあり

適切なチェックと管理を行わなければ、クラウドのコストはいとも簡単に制御不能に陥る。請求書に書かれた金額に仰天する前にやるべきこととは?

Google、クラウドファイルストレージサービス「Filestore」を公開

Googleの「Google Cloud Filestore」が利用可能になった。パブリッククラウドとオンプレミス環境を統合して利用できるのが強みだが、競合他社のファイルサービス同様、課題も残されている。

クラウド活用の課題を解決する、ハイブリッド時代のストレージ選定

オンプレミスとクラウドを組み合わせた「ハイブリッド環境」は企業にとって当然の選択肢となりつつある。だが、実際に活用しようとすると多くの課題が立ちふさがる。

メインフレームにもサーバレス? その効果と注意点

サーバレステクノロジーはアプリケーションを近代化させる選択肢として登場した。だが、どのようなときでも最適というわけではない。

「サーバレスでも開発者はインフラを気にすべきだ」と専門家が口をそろえる理由

サーバレスアーキテクチャとコンテナ技術のおかげで、新しいアプリケーションを構築する際のインフラの役割は小さくなっている。それでも、開発者にとっては残念な話だが、インフラの重要性は変わっていない。

企業情シス担当がコンテナ技術を導入する際に考慮すべきポイントは

Webアプリケーション開発で注目を集めたコンテナ技術が急速にエンタープライズITを変革し始めている。KubernetesやDockerを補う企業情シスのための実装を取材した。

コストを可視化するクラウド課金API、課題は?

クラウドコンピューティングの請求額に驚かされたいと考える企業はない。プロバイダーはAPIや各種ツールを通じて、ユーザーのコストへの可視性を高めている。だが、課題も残る。

オンプレミスに次ぐ第二の選択肢「IBM i」クラウドサービスとは

2019年3月末と9月末に、POWER5/6/7を搭載した「IBM Power Systems」旧モデル製品の保守が終了する。基幹業務を担うIBM i環境の継続には、クラウドという選択肢がある。

サーバレスアーキテクチャの長所と短所 コンテナとの違いは?

サーバレスのトレンドは開発者にメリットをもたらす可能性がある。だがトレードオフは必要だ。サーバレスコンピューティングには開発者が理解すべき側面がたくさんある。

レガシーアプリをクラウドへ移行する“間違いのない”2つの方法

レガシーアプリケーションを近代化すると、多種多様な課題が発生する可能性がある。幸い、この課題を解決するための選択肢はたくさんある。

「SAP Cloud Platform」統合ツールのメリットとデメリット

クラウド間統合やクラウドとオンプレミス間統合にはSAP製品が最適な場合が多い。だが、それ以外に目を向ける方が良い場合もある。

「マルチクラウドは必然」選択肢が増え続ける中、シンプル化にどう取り組むか

オンプレミスとパブリッククラウド、あるいは複数のパブリッククラウドの併用が現実的な選択肢となる中、その裏にある複雑なインフラ管理をいかに解決するか。

サーバレスに飛び付く前にやるべきたった1つの作業

サーバレスコンピューティングは誤解されやすい概念であり、全ての企業がメリットを享受できるわけではない。サーバレスが役立つのか否か。導入する前に絶対やっておくべきこととは?

「理想の環境は手に入る」 利用企業が明かすパブリッククラウド選び

パブリッククラウドを利用する企業は多いが、安易な選択は後々自分の首を絞めることになる。そこで、クラウド選びで失敗しないためには何に着目すればよいか理解しよう。

オンプレミスのVMware環境を無理せずクラウドへ、ユーザー納得の現実解とは

企業で広く使われるVMware vSphereによる仮想環境をパブリッククラウドに移すことでオンプレミスとクラウドの双方のメリットを得られる。その方法とは?

基幹系のクラウド移行が本格化、選ぶべきパブリッククラウドの基準

クラウド活用は「試しに使ってみる」から「本格的に移行する」へと変わってきている。オンプレミスと変わらない信頼性を提供するクラウドベンダーの技術とは。

サーバレスを導入するなら覚悟すべき4つの課題

サーバレスには多くのメリットがある。プロビジョニングもサーバの管理も必要もない。しかし、サーバレスを使うなら4つの課題を覚悟すべきだ。

大半の企業が勘違い、クラウドダウン時の責任を負うのは誰か?

Veritasが行った調査の結果、多くの企業はクラウドがダウンしたときの責任について勘違いしていることが明らかになった。クラウドプロバイダーを責めても経済的な損失は埋められない。どうすべきか?

クラウドのコスト管理に必要な新しいアプローチ 予想外の高額請求が多発している?

IT関連の経費の中で、クラウドにかかる無駄な支出がかなりの割合を占めている。管理者は発想を変え、不要な出費を減らすために管理ツールの活用も検討すべきだ。

AWS、Azure、Google サーバレスは性能と移植性で評価する

サーバレスプラットフォームはコスト削減の効果が期待できる。だが、候補となるベンダーを企業のIT部門で評価する際に留意すべき要素は、コスト面だけではない。

AWS、Azure、Googleに続く、4位以下のクラウドベンダーはどこ?

一握りの企業がパブリッククラウド市場の大半を支配することになるのだとしても、まだ競合企業が参入する余地はあるだろうか、それとも遅過ぎるのだろうか。

コンテナ管理ツールの選び方 AWS、Google、Pivotal、Red Hatなど比較

企業がコンテナ管理システムに求めるものはさまざまだ。それがオーケストレーションなのか、リソースの抽象化やセキュリティ強化なのかによって、適切なシステムは異なる。

いまさら聞けないクラウドコンピューティングの基礎用語

クラウドコンピューティングの世界にこれから接する読者のために、一般的な展開モデル、サービスの種類、主要ベンダーなど、押さえておくべき基本的な用語をまとめた。

IDE「AWS Cloud9」の注目度が高まる、Microsoftの開発者基盤を脅かすか

Amazon Web Services(AWS社)は統合開発環境(IDE)「AWS Cloud9」を携えて、Microsoftが最重点分野として長年支配してきた開発者コミュニティーに挑戦する。

AWS、Azure、Google “クラウドビッグスリー”の倒し方 ニッチ企業はどう戦っているか

パブリッククラウド市場シェアはAmazon Web Services、Microsoft、Googleといった大手ベンダーが占める。だがそれ以外の企業も逆転のチャンスは残されているという。

Googleクラウドが投入した3機能をAWSと比較、次の戦略が見えてきた

Googleは2017年、市場のリーダーであるAWSとのギャップを埋めようとして幾つかの対抗措置を講じた。しかし、その努力は新規顧客を獲得するのに十分なのだろうか。

1秒単位のクラウド料金モデルは本当に必要なのか?

クラウドの料金モデルは複雑化の一途をたどり、利用者を悩ませている。中でも、最近登場した1秒単位の課金には大いに疑問がある。

VPNはもう古い? Googleの相互接続サービス「Google Cloud Dedicated Interconnect」とは

データセンターをパブリッククラウドにプライベート接続する手段として、VPNに代わる選択肢が充実し始めている。Googleが提供する「Google Cloud Dedicated Interconnect」の主な機能と利用要件を解説する。

実用段階に入ったクラウド活用、本当の有用性を考える

クラウドが身近になってきたとはいえ、実際どこまで使えるのか。特に有用性の見極めが難しいバックアップについて、パフォーマンスを検証してみた。

クラウド自動化ツールを比較 ネイティブ vs. サードパーティーの勝者は?

クラウドでの自動化とオーケストレーションのツールには、プロバイダーネイティブのツールとサードパーティー製ツールの2形態がある。最適なツールを選ぶには、将来のニーズ、特にマルチクラウドのニーズを把握しておくことが必要だ。

クラウドで使えるGPUインスタンス、プロバイダーごとの特徴は?

GPUインスタンスは、演算負荷の高いアプリケーションで必要とされる処理をこなすことができる。とはいえ、どんな場合でもワークロードや予算の面で有効とは限らない。

IaaS比較は落とし穴ばかり 「Amazon、Microsoft、Googleから選ぶ」では失敗する?

さまざまなメリットがあるパブリッククラウド。どのクラウドベンダーを選ぶかは難しい問題だ。復旧性、ハイブリッドクラウドのサポート、データサービスなど、ベンダーが提供する機能を慎重に評価する必要がある。

AWS、Azure比較の仕方 クラウド選定で確認すべき評価ポイント

クラウドベンダー候補を評価する場合、各ベンダーがインスタンスの種類をどの程度の範囲で提供するかだけでなく、新しい技術やデータベース機能などのサポートも調査する必要がある。

デスクトップ管理ツール選定のベストプラクティス クラウド化の波がここまで来た

クラウドベースのツールが登場するまで、デスクトップ管理は比較的単純な作業だった。デスクトップ管理ツールをクラウドベースに移行させる場合、企業は選択を誤らないよう賢明な判断を下さなければならない。

IaaSプロバイダー抗争に再び火を付けたクラウド“秒課金”モデル

2017年9月、Amazon、Microsoft、Googleがクラウド価格モデルを一斉に変更した。これにより、再びクラウド価格に注目が集まり、どのベンダーがユーザーに最高の価値を提供するかという議論が再燃した。

徹底比較:AWS、Google、AzureのDBサービス 最適な組み合わせとは

Webベースのアプリケーションの運用基盤としてPaaSを選択し、移行する場合、データベースについても必ず考慮すべきだ。データベースを完全にサポートしているクラウドインフラに移行するメリットを以下で詳しく検討しよう。

パブリック対プライベートのクラウド費用比較で勝ち組企業が見えてきた

パブリッククラウドに移行してもコスト削減効果を得られない企業は多い。しかしそんな中、社内に構築したプライベートクラウドがより大きな費用節減効果を挙げていると報告する企業が現れた。

VMwareとOpenStackの比較バトル、焦点はハイブリッドクラウドへ

VMwareのハイブリッドクラウド戦略が進化している。一方OpenStackは充実したサービスラインアップを生み出し続けている。そのため、この2つのプラットフォームの比較論争が再び白熱する。

「開発しやすい」だけではNG 管理者にこそ知ってほしいモバイル開発環境7基準

モバイルアプリ開発基盤を導入する時、開発しやすさを一番に求めたくなる。だが、モバイルアプリを使ったビジネス展開をどうするかで考慮すべき点は大きく変わる。本稿では7つのポイントに絞り紹介しよう。

Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた

クラウド時代に後発サービスとして登場したOracle Cloud。AWS、Azure、GCPなどのサービス勢力図が固まりつつある中、果たしてどのような差別化ポイントがあるのだろうか。

「クラウドHCM」がここまで充実 選ぶべきサービスはどれだ?

人事機能を総合的に提供するHCMシステムをクラウドサービスとして利用可能な「クラウドHCM」が充実してきた。クラウドHCMとは何者で、どのようなサービスがあるのか。

2017年クラウド総合力ランキング:AWSについに追い付いたIaaSとは?

Gartner 2017年ランキングでは、大手2社のクラウドプロバイダーが同率首位となった。この2社が素晴らしいクラウドを提供するのは間違いないが、今後は複数ベンダーのマルチクラウド化が重要だという。

「クラウドをバックアップデータの複製先」とする場合の構成と注意点

クラウドをバックアップデータの複製先として利用する際の構成パターンと注意点を解説する。希望の構成パターンの実現可否をベンダーに確認することで、製品/サービス選定に役立てることができるだろう。

Googleのハイブリッドクラウド戦略、これからの課題は?

Googleのハイブリッドクラウド戦略は、同社のパブリッククラウドとNutanixのハイパーコンバージドインフラとの間でワークロードを移動できるようにすることによって、その形を現し始めた。

VMwareの移行先として「IBM Cloud」は本当に“使える”のか?

企業のクラウド導入が進む一方で、全てをクラウドネイティブに刷新することが正解とは限らない。既存環境を生かしながらクラウドのメリットを享受することはできるのか。

「プライベートクラウド、実はこんなに魅力的」と評価が変わる日は来るか

コストは低下の一途をたどり、パブリッククラウドとの相互運用性も向上し続けていることから、プライベートクラウドを実装するメリットはますます顕著になっている。

「VMware環境をクラウドで構築したい」と言われたら? SIerのためのクラウド活用法

ユーザー企業から「VMware環境をクラウド化したい」と相談を受けるSIerが増えている。他社と差別化し、顧客から選ばれ続けるSIerとなるための“クラウド活用法”とは。

仮想プライベートクラウドは、オンプレミスのプライベートクラウドの代わりになるか?

多くの企業はパブリッククラウドのメリットを理解しているが、シングルテナント環境で運用したいと考えているのが実情だ。本稿では、仮想プライベートクラウドがそのニーズをどう満たすかについて説明する。

徹底比較:Salesforce、AWS、Azureなどの主要PaaSを紹介 将来有望なのは?

PaaSの前途は有望だが、競争は熾烈だ。アプリケーション開発の分野で重要性を増しつつあるPaaS市場の主要サービスを紹介する。

ビジネス向けファイル同期・共有ツール11製品を徹底比較(後編)

企業の従業員の働き方を大きく変えるEFSS。前編の5製品に引き続き、後半では、G SuiteやVMware Content Locker、Egnyte Connectなど6製品を紹介する。

コストはオンプレの10倍、それでもマツダが自動車開発にクラウドを検討したワケ

大量のITリソースを用いる場合、クラウド利用はコストメリットに欠ける。だがオンプレミスだけに依存するとビジネス機会を損なう――そう判断したマツダは、リスクマネジメントできる範囲でクラウド利用を検討した。

徹底比較:AIに本気なAWS、Azure、Google、IBM 各社の違いとは?

AI(人工知能)への関心が高まる中、今後、多くのITプロフェッショナルがクラウドでAIを試すだろう。だがAWSやAzureなど次々と登場するAIサービスの中から選択するのは容易ではなさそうだ。

調査会社が解説するプライベートクラウドのメリット、取るべき最短ルートは?

グローバル企業が積極的に導入を図るプライベートクラウド。TCOをはじめITインフラの管理性や柔軟性などのメリットが高く評価されている。この環境を効率的に実現するには、どんな選択肢を取ればいいのだろうか?

IaaS展開の次の波を作る「サーバレス」、主要3社の動向を探る

IaaS市場が発展するにつれて、パブリッククラウドプロバイダーの間で巻き起こる次の競争の波は、価格ではなく、Webサービスとイベント処理関連のものになるだろう。

AWS、Azure、Google 主要クラウドで適切なインスタンスを選ぶ5つのポイント

パブリッククラウドにはさまざまなインスタンスがあり、どれを選ぶかはときに難しい判断となる。自社のワークロードにとって、最もコスト効率の高いインスタンスタイプを判断するための5つのポイントを紹介する。

「Google Cloud Platform」へ移行した企業に、使って分かった魅力を聞いた

オンプレミス環境で運用していた自社開発のシステム環境を「Google Cloud Platform」(GCP)へ移行した企業がある。クラウド移行やGCPを選択した理由について担当者に聞いた。

AWSの独走は終わる? GoogleとAzureがAWS以上の評価を獲得

AWSがクラウド市場のリーダーであることに疑問の余地はない。しかし、部分的にではあるが競合の評価がAWSのそれを上回り始めた。Google Cloud PlatformやMicrosoft Azureが逆転する日がくるかもしれない。

5年間のTCOを約63%削減、アサヒグループが全社システムに選んだストレージは?

飲料・食品事業を行うアサヒグループは、全社システムの8割以上を占めるプライベートクラウド基盤の統合ストレージを刷新した。同グループの厳しい審査や実機テストをクリアしたオールフラッシュアレイとはどのようなものだろうか。

GoogleのSDN関連技術「Espresso」の実力とは?

Googleは、同社のソフトウェア定義ネットワークインフラをネットワークエッジに拡張する「Google Espresso」の導入メリットを紹介した。その導入によって、Google Cloud利用者がPaaSで実行するアプリケーションの性能は飛躍的に向上するという。

主要クラウドが提供する「GPUインスタンス」、本気を引き出す高負荷アプリとは?

AWS、Azure、Googleなどのパブリッククラウドは、高性能なコンピューティングリソースを集中的に提供する「GPUインスタンス」を用意している。そのメリットを享受できるアプリとは?

メルカリ、はてなは「物理サーバ」も使う、巨大サービスを支えるインフラ事情

クラウドファースト時代にあえて物理サーバを選択する企業がある。さくらインターネットの専有物理サーバを利用するメルカリ、はてなが、その理由や使い勝手を語った。

AWS、Azure、Googleのクラウドストレージを比較、各社の特徴は?

パブリッククラウドの主要プロバイダー各社が提供するストレージについて調べた。比較したのはバックアップ/リカバリ、アーカイブ、ハイブリッドクラウドストレージ、クラウド分析といった機能だ。

「クラウドありき」から発想を転換、TCOがクラウドの50%以下というIT基盤とは

写真プリントショップを全国展開するプラザクリエイトは、IT基盤の刷新にあたり、パブリッククラウドではなく、ハイパーコンバージドインフラを導入した。この選択により、同社はクラウドを上回るコストパフォーマンスを実現したという。

Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは?

NASでは不得手な大容量データの格納先として注目を集める「オブジェクトストレージ」。企業で利用する場合は何を選択すべきなのだろうか。

AWS大規模障害はなぜ起きた? クラウド不安を払拭するためにやるべき対策

Amazon Web Services(AWS)で2月28日に障害が発生した。障害が発生したら、どうすればいいのか、事前にできることはないのか。行うべき対策を紹介する。

AWS vs. Azure vs. Google、クラウドへのオフラインデータ転送サービス比較

データをクラウドへ移す際にストレージディスクを送る方法は、古臭いようで実は広く利用されている。AWS、Azure、Googleのサービスを比較してみよう。

Facebookの企業向けSNS「Workplace」の実力とは

Facebookは2016年10月10日、企業向けコラボレーションツール「Workplace」を正式リリースした。Workplaceはβ時から同種のツールの中でも注目を集めていたが、その使い勝手はどうなのだろうか。

ITも競われる国際ヨットレース、勝利の鍵を握るハイパーコンバージド製品は?

国際ヨットレースではクルーの技術だけでなく、センサーが収集した膨大なデータを分析する能力や、より高速で軽量なボートを開発する能力も競われる。世界最高峰のレースに挑むイギリスのセーリングチームは、その勝利の鍵として「ハイパーコンバージドインフラ」に注目した。

ハイパーコンバージドインフラが引き出す「VDIのメリット」ってどんなもの?

エンドユーザーのIT活用範囲が拡大・複雑化し、仮想デスクトップインフラの導入は今まで以上に困難になった。そこで、企業規模にかかわらず容易な導入を可能とするハイパーコンバージドインフラが課題の解決策として期待されている。

ハイブリッドクラウド最初の難所、クラウド移行のお助けツールとは

一部のアプリケーションとシステムは社内で管理しながら、それ以外のデータ管理を外部のパブリッククラウドに任せるハイブリッドクラウドに注目が集まっている。だが最初のステップであるクラウド移行で問題が発生することが少なくない。

プライベートクラウドブームが再燃? 導入を後押しするハイパーコンバージド

企業がプライベートクラウドから得られるメリットを十分に活用するには、インフラの選定と統合が必要不可欠だ。

「Pokemon GO」にも貢献、Googleの新しいクラウドコンサルサービスの効果は

Googleが各種クラウドサービスをビジネス向けに一新し、多くの注目を集めた。このニュースには、将来的に大きな利益をもたらす動きも隠れている。その1つが新しいコンサルティングサービスプログラムだ。

クラウドの新潮流、先進企業が使いたくなる「サーバレス」の魅力

AWSやAzure、Googleのクラウドサービスで注目を集めるサーバレスオプション。これはクラウドに関する最新のバズワードなのか。先進企業が虜になる理由とは。

Googleが「Intel提携」「ASIC採用」に踏み切った “納得の理由”

Googleのプラットフォーム担当バイスプレジデントを務めるバート・サノ氏が、企業の需要を踏まえたGoogleのハードウェア選択や、顧客の移行に関する課題、クラウドの“次の波”について語る。

Google Cloud Platformは業務アプリケーションの移行先となるか

Googleのクラウドサービスはビジネスユーザーを考慮し、2016年に大幅な進化を遂げている。こうした改善は2017年にも続きそうだ。

OpenStack、CloudStack、VMware、プライベートクラウドでベストな選択肢はどれ?

オープンソースのクラウドプラットフォームには多くの選択肢がある。その代表格が「OpenStack」と「CloudStack」だ。またVMwareは、ハイブリッドおよびプライベートクラウドの有力な選択肢だ。あなたの会社はどれを選ぶべきだろうか。

VMプロビジョニングが15分、アイデアエコノミー時代のハイパーコンバージド活用

これからのアイデアエコノミー時代では、ビジネスを支えるアプリケーションの基盤をいかに迅速に提供できるかが鍵となる。そこで注目されるのが「ハイパーコンバージドインフラ」だ。パブリッククラウドのような“迅速かつ容易な基盤提供”が大きな特長となっている。

古川製作所がクラウドではなくハイパーコンバージドを選んだ理由

クラウドサービスは導入や運用が容易というメリットはあるが、従量制課金のため、ある程度のスケールで長期にわたり利用すると費用が高額になる課題がある。そこで最近では、クラウドのような管理性をオンプレミスで実現するハイパーコンバージドインフラが注目されている。

IBMクラウドがAWSとAzureに対抗するための“2つのチャレンジ”とは

IBMはクラウドコンピューティング計画を順調に進めているようだが、個別業務部門への訴求という点では前途多難なようだ。

全リソースをAPIで統合管理、次世代型ハイブリッドインフラの実力を探る

ITインフラのハイブリッド化が進む中、そのパフォーマンスを最大化する新たな技術が注目され始めている。ITインフラの全てのリソースを統合されたAPIで管理・制御し、「たった1行のコード」で制御可能にするという技術の詳細に迫る。

DevOpsの要求に応えられないIT部門を救う“自由に組み替えられる”インフラ

アプリケーション開発の迅速化を目指すDevOpsの流れにより、安定性・拡張性・パフォーマンスに最適化された従来のIT基盤には、アジリティとスピードを与える組み替えが求められている。そこで今注目されているのが、自由に組み替えられる次世代IT基盤だ。

IT部門を“サービスプロバイダー”に変えるアイデアエコノミー時代のIT基盤とは

アイデアエコノミー時代のIT部門は、事業部門に対してサービスプロバイダーの役割を果たすようになる。そこで求められるデータセンターとはどのようなものか。次世代型IT基盤が生み出す、新たなビジネスの可能性を探る。

AWS、Azure、Googleに挑戦状 Oracleの“第2世代IaaS”でクラウド戦争はどうなる?

Oracleは、企業のスケールアウトに適したクラウドプラットフォームを構築しようとしている。このプラットフォームは、果たしてAWS、Azure、Googleと張り合えるくらいの魅力を備えているのだろうか。

AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣

クラウド市場におけるAWS、Microsoft、Googleの三つどもえの戦いはさらにヒートアップしている。現在の実力差はどれくらいあるのか。各社の決算報告から見えてくるものとは?

AWSだけではないIaaSプロバイダー選び、使用アプリで変わる“最適解”

IaaSプロバイダーがポートフォリオを拡大してより高いレベルのサービスを提供するようになるにつれ、インフラだけでなく、アプリのニーズもベンダーを選ぶ基準になりつつある。

Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由

クラウド市場では「Amazon Web Service」(AWS)が依然としてトップを走る一方、「Google Cloud Platform」も大きな成長を見せ、ユーザー企業が再検討するほど魅力的な機能を備えるようになっている。

VMware SDDC on IBM Cloud だからできる、ハイブリッドクラウドの課題解決

VMwareを中心にプライベートクラウドを構成する多くの企業は、パブリッククラウドを活用したくても、構成や運用の変更に伴う検討事項が山積みだ。ハイブリッドクラウドの多過ぎる課題を解決するクラウドとは。

サービスとしての災害対策「DRaaS」にフラッシュクラウドストレージを

組織がデータへのアクセス速度向上を必要とする場合、そしてコストを増やす余裕がある場合、ほとんどのプロバイダーがクラウドフラッシュストレージを提供している。

クラウド最新ランキング発表、トップ2ベンダーがベストな選択とは限らない理由

GartnerのアナリストがIaaSプロバイダーランキングを発表し、その評価基準を解説した。ランキング上位のプロバイダーが必ずしもあなたにとってベストなチョイスとは限らないと警鐘を鳴らした。

一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?

大企業を対象とするユニファイドコミュニケーション市場では、CiscoとMicrosoftがシェアの大半を占めている。この2社が提供するサービスの違いを紹介する。

達人でもまだ信じているクラウドの“恥ずかしい誤解”

ほとんどの企業にとって、クラウドの問題は、もはや移行すべきかどうかではなく、いつどのように移行するかになっている。

低価格帯が充実し始めた統合データベース基盤、気になるパフォーマンスは?

ハードウェアとソフトウェアを垂直統合させたハイパーコンバージド型のデータベースアプライアンスが注目されている。これまで大規模システム向けが主流だったが、最近ではラインアップの幅が広がり、中小規模システムに対応するものも登場している。

スモールスタートできる統合DB基盤、初期費用はx86サーバとどれだけ違う?

データベースシステムの利用を検討する企業にとって、その導入にかかるコストと時間は大きな負担となる。特に中小企業にとっては、その点が採用を断念する理由にもなる。しかし、最近では高度な機能を備えた統合DB基盤が、エントリー価格で導入できるようになり始めている。

4事例で解説するDB基盤選びのポイント――高可用性モデルで工期短縮からBCPまで

1つの筐体にハードウェアとソフトウェアを統合したデータベースアプライアンスの導入企業が増えている。コスト、構築期間、パフォーマンス、拡張性などの点で多くのメリットがあるとされているこれらの製品は、実際にどのように利用されているのか。事例をもとに検証する。

ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?

クラウド移行が加速し、Oracleのソフトウェアの新規ライセンス売り上げは前年比10%減少した。新戦場のクラウドでは、AWSを強く意識していることがうかがえる。

LINE、Facebook、MSが注目する未来型コミュニケーション「ChatOps」の仕組み

ITベンダーが続々と発表しているボットフレームワークに焦点を当て、その活用方法を紹介する。また、チャットとChatOpsとの関係を簡単なサンプルコードを示しながら解説する。

SSDでプライベートクラウドの“迷惑な隣人”問題を解決する方法

共有環境のクラウドではストレージのパフォーマンスが悪化する懸念がある。本稿では、プライベートクラウドでストレージ速度を保つためのノウハウとして、SSDやインメモリ技術などの活用を紹介する。

AWS圧勝とは限らない、クラウドシェア争いの現場で起きている“異次元成長”

「クラウドといえばAWS」と言う人がいるほど、AWSは実績・知名度ともに現在トップのクラウドプレイヤーだ。しかし、AWSよりも高い成長速度を見せるクラウドがある。それは――。

主要チャットサービスを比較――エンジニアだけじゃないチャット活用シーンとは?

ビジネスでチャットを利用するメリットを具体的なシーンで解説。また代表的なチャットサービスである「Slack」「ChatWork」「HipChat」の特徴や価格を紹介する。

Appleの「iCloud」がGoogleクラウドを選んだ理由

AWSは今もなお順調な売り上げを公表しているが、その数値を詳しく調べてみると、その勢いに陰りが見えてくる。また、ライバルとの競争も激化している。

ビッグデータでも負けられない戦い AWS、Azure、Googleの関連サービスを比較する

クラウドプロバイダー大手3社Amazon Web Services(Amazon)、Microsoft、Googleのビッグデータサービスを比較した。共通点も多いが、詳しく掘り下げると違いが見えてきた。

やはり強いクラウド“ビッグスリー”、次のサービス停止はどこ?

クラウドサービスの“ビッグスリー”との競争に太刀打ちできず、サービス停止に追い込まれるクラウドサービスが出てきた。次はどこが振り落とされるのかと、多くの人が懸念している。

クラウド“ビッグスリー”は指名買いの時代へ、今後の動向を大予測する

2016年もパブリッククラウドには大きな変化が起こるだろう。特にAmazon、Microsoft、Googleのトップ3社は、自社のアイデンティティーを確立する年となるだろうと予測する専門家もいる。

モバイルアプリ開発でもシェア拡大、AWSモバイルサービスの全体像

Amazon Web Servicesが、モバイルアプリ開発と管理ツールの魅力的なサービスラインアップを徐々に増築している。市場につむじ風を巻き起こす構えだ。

そのアプリとデータはどこにある? クラウドでも“場所選び”が重要になる理由

AWSやAzureなどのパブリッククラウドにとって、所有するデータセンターの数は競争の重要な要素だ。ただし、各クラウドのリージョンは単純に比較できるものではない。

DisneyがGoogleクラウドを選んだ理由とは

「Amazon Web Service」が依然としてトップを走る一方、「Google Cloud Platform」も大きな成長を見せ、ユーザー企業が再検討するほど魅力的な機能を備えるようになっている。

“元祖ブレードサーバ”であるハイパーコンバージドの弱点

ブレードサーバと似ている部分が多いハイパーコンバージド。ブレードサーバよりもコストメリットや柔軟性といった点で優れている一方、ハイパーコンバージドにもデメリットがある。

10周年を迎えた「AWS」、ライバル急伸で本当の勝負が始まる

2016年3月で10周年を迎えた「Amazon Web Services」(AWS)は、市場で本当の競争が生じる可能性に初めて直面する。これからの10年間はこれまでと違うものになることが予想される。

AWS vs. Google vs. Azure、各クラウドのコンテナ管理サービスを比較

クラウド大手各社はコンテナを管理するための独自のサービスを開発している。AWSとAzureとGoogleはいずれもコンテナサービスを提供しているが、各社のコンテナ管理サービスにはどのような違いがあるか。

SAPユーザーが選ぶべき、パブリックでもない、ホスティングでもない“本気の基幹用クラウド”とは

「SAP ERP」をクラウドで検討するケースが増えてきた。オンプレミスに可用性や安心感を求めてきたユーザーは、パブリッククラウドでもない、ホステッドクラウドでもない“第3のクラウド”に注目している。

AWSで「Oracle Database」を動かすならどっち派? 「Amazon EC2」と「Amazon RDS」を比べた

Oracle DatabaseをAWSで実行する際に、「Amazon EC2」と「Amazon RDS」のどちらを選択して移行すべきなのか。気になるライセンス、それぞれのメリット/デメリットをまとめた。

ERPのクラウド化、「不安解消」のために知っておきたいこと

クラウドファーストの今日、“最後の足かせ”となっているのがERP。ミッションクリティカルな基幹系システムだけにオンプレミスから移行させることに不安を抱く企業も多い。どうすればいいのか。

北銀ソフトウエアの挑戦、“意識しないインフラ”はこうして作られた

富山県の北銀ソフトウエアは、「Nutanix」を使って社内のほぼ全てのシステムと銀行システム(開発環境)を統合した。社内のITリソース最適化と開発環境の準備期間短縮を目指す。

デジタルトランスフォーメーションで支持されるクラウドサービスとは?

あらゆる企業があらゆるアプリケーションを1つの基盤で管理できるクラウドサービスとは? NTTコミュニケーションズの“ミスタークラウド”林 雅之氏に、OpenStackを用いた新サービスのコンセプトについて聞いた。

クラウドでWindowsを動かすのに“見なかったふり”はできない問題

企業のIT部門が社外サーバにWindowsベースのワークロードを積極的に移行しようとしている。そこで問題になるのがWindowsのライセンスと既存パブリッククラウドとの“相性”だ。

誰もが悩む、Windowsをクラウドで動かすにはどのプラットフォームがベストか?

企業のIT部門はパグリッククラウドの利用に前向きな姿勢を示し、業務の中核となるWindowsベースのワークロードを社外に移行しようとしている。だが、IT部門がこの作業を進めるとき、皆に難しい判断を迫ることになる。

AWSになくてAzureにはある、コンテナとセキュリティに関する2つの新機能

「Microsoft Azure」に2つの新しい機能が導入された。これらの機能によって企業のクラウドセキュリティはどのように強化されるのだろうか。Webアプリケーションセキュリティの専門家がその全容を解説する。

2016年「Docker」「OpenStack」でヒットを狙うベンダーと、独走AWSの行方

2015年クラウド業界10大ニュース。後編ではDockerやOpenStackといった先進的な技術、IBMやAmazonといった大手ベンダーの動向をまとめた。

アドテク企業ジーニーの選択、AWSからオンプレミスへインフラ移行した背景とは?

大量のデータ分析から、価値を生み出せるかどうかが企業の戦略を左右する。SSP、DSP、DMPをワンストップで提供するアドテク企業ジーニーでは、事業の拡大に伴いシステム基盤をクラウドからオンプレミスに移行。その判断の背景に迫る。

ユーザー企業 vs. SIer、それぞれが注目する仮想化/クラウドのトピックは?

仮想化/クラウドインフラでは2015年にどのような話題が注目されたのでしょうか。ユーザー企業とSIer、それぞれの記事ランキングから「売りたい製品」「買いたい製品」を探ります。

クラウド業界の大型買収や統廃合を振り返る、あのサービスはどうなった?

2015年もクラウド業界は目まぐるしく変化した。前編では、DellによるEMCの買収、HPのパブリッククラウド撤退、GoogleとVMwareとの提携といったビッグニュースをまとめた。

「オンプレミス環境をAWSへ」って、本当にお得なの?

企業によってシステムをパブリッククラウドに全面移行するところもあるが、中には移行コストが膨大に掛かりためらう企業もいる。果たして、パブリッククラウド移行は企業にとって良いことなのだろうか。

「AWSは本当に使いやすい?」と疑問を抱く人の根拠

利用場面が急速に拡大しているAWSのサービスですが、一部のユーザーは必ずしも使い勝手の良さを認めているわけではないようです。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。

AWSのサービスは本当に「シンプル」なのだろうか

米Amazonの「Amazon Web Services(AWS)」には「使い勝手のよさ」と「スピード」という2つのメリットがある。この2つの要素はクラウドの開発と管理を容易にするポイントだ。

次世代ITをシンプル化する「コンバージドソリューション」の2つの形とは?

クラウドやビッグデータ活用が進み、モバイルやIoTなどが普及していく中で、将来の環境変化に柔軟に対応できるIT環境の構築が必要だ。実証・検証済みのシステムを迅速にワンストップで導入可能なコンバージドソリューションについて解説する。

【徹底比較】AWSとSoftLayerのネットワーク転送料、安いのはどちら?

ネットワークデータ転送課金の仕組みを理解することは、クラウドでシステム構成を検討する上で重要なポイントとなる。AWSとSoftLayerのネットワークデータ転送課金の仕組みとコストを比較、整理する。

AWSはPaaSの会社へ、大型買収で加速するAWSのモバイル開発

米Amazon Web Servicesが米Elemental Technologiesを買収した。これはモバイルアプリ開発用のプラットフォームの強化を目指す同社にとって、過去最大規模の買収となった。

今こそ知りたいSoftLayerの基礎

SoftLayerの特徴はネットワークだけではない。サーバやストレージにもユニークな点がある。日本IBMの玉川雄一氏の講演を基に、サーバ、ストレージの特徴を紹介する。

「Windows」の歴史を繰り返すクラウドベンダー Microsoft、IBM、Amazonの協業の未来は?

IBMからAmazonに至るまで、多くの大手テクノロジー企業は、クラウド関連のパートナーシップを結んでいる。だが、このようなパートナーシップは果たしてどのくらい続くのだろうか。

AWSとIBM SoftLayerのネットワークを比較 仕組み、特徴の際立つ違いとは

パブリッククラウドのネットワークにフォーカスし、主要サービスの仕組みや特徴、料金を比較する。第1回ではAWSとSoftLayerを取り上げ、ネットワークの仕組みを比較した。

「パブリッククラウドを信じすぎると大けがをする」は本当か

パブリッククラウドへの基幹システムの移行を試みる企業が増えてきた。しかし、いざ移行してみると「こんなはずではなかった」というケースも散見される。その理由を探るとともに解決策を提示する。

AWSの次の選択肢を求めてる? 2015年上半期、クラウドで最も読まれた記事は

2015年上半期に公開したクラウド関連の記事ランキングを紹介します。うち半分はIaaS比較に関する記事がランクインしました。

AWSやMicrosoftに転職できる技術者の特徴 「クラウドで手に職を」

クラウドコンピューティング市場は、ITプロフェッショナル、特にオープンソースやPaaSの専門家にとって、チャンスに満ちあふれている。

AWS? Azure? 次のクラウド選びに欠かせない“注目トレンド 5選”

クラウド市場は進化を続け、さまざまな変化や発達を遂げている。2015年も後半に入ったところで、上半期のトレンドから今後に役立ちそうな注目の5テーマを振り返る。

OSSクラウド「OpenStack」は本当に安い? 商用“ビッグ3”との比較は意外な結果に

オープンソースクラウドはプロプライエタリなクラウドよりも安価だと考える企業が多いが、それは常に事実というわけではない。多くの場合、さまざまなコストが見落とされている。

3大クラウドストレージ性能比較、“キングAWS”を突き放したのは?

Amazon、Microsoft、Googleでクラウドストレージのパフォーマンステストを実施したところ、「Microsoft Azure BLOB」が最も高い結果を示した。

開発者向けクラウド「DigitalOcean」がAWSよりも優れている点

IaaSプロバイダー米DigitalOceanのクラウドサービスとAWSを比較する。DigitalOceanがAWSより優れている部分とは?

クラウド価格競争はもう終わり? ユーザーが次に注目するリソース管理テクニックとは

AWSやAzure、Googleの間では、パブリッククラウドのコスト面での優劣はない。従って、企業は費用に見合う最大の効果を得るため、クラウドリソースの管理に注力すべきである。

AWS、Azure、Google――クラウド“ビッグスリー”比較表で分かる本当の勝者

「Amazon Web Services」「Microsoft Azure」「Google Compute Engine」を比較した際、トップに立つのはどのクラウドか。答えは何を比べるかによる。

下がり続けるクラウドの価格、どのように比較すれば損をしないか

パブリッククラウドの運用に掛かる実際のコストを把握するには、各インスタンスの価格だけでなく、セキュリティ、サービスの種類、ネットワークコストなどの要素も考慮しなければならない。

パブリッククラウド別のコスト試算で分かった“衝撃の事実”

アプリケーションをクラウドで運用するコストは算定しづらい。だが、オンラインツールを使用してコストを分析すると、プラットフォームの選択肢を絞ることができる。

「DRaaS」をめぐる頂上決戦、Microsoft vs. VMwareの行方は

Azureのクラウド障害復旧サービス「Azure Site Recovery」は、VMwareの「vCloud Air Disaster Recovery」とどう戦うのか。

次の注目市場「IoT PaaS」とは? ウオッチすべき4社の名前

「モノのインターネット」(IoT)がその潜在能力を発揮するには、クラウドプラットフォームの構成要素が整っていることが条件となる。IoT PaaS市場に最近参入したベンダー4社から、IoTの活性化に役立つ選択肢を探る。

Amazon追撃を狙うGoogle、ストレージ分野でも真っ向勝負へ

2015年3月に米Googleが発表した新しいクラウドストレージサービスは、AWSの同種サービスを完全に意識している。これにより、両者は新しい領域での戦いを始めることになった。

AWSに加えてSoftLayerも利用、“マルチクラウド”実践企業の目的は?

米The Weather Companyが、AWSに追加してSoftLayerを導入しているというニュースが話題を呼んでいる。だが、クラウドの世界ではこうした取り組みが多く見られるようになっている。

主要12製品を比較、ハイブリッドクラウド管理ツールの見極め方

ハイブリッドクラウドの運用で欠かせない製品、それはオンプレミスや他クラウドとの統合管理ツールだ。マルチクラウドに対応した管理ツールの中から、主要な製品を一覧表にまとめた。

「IaaSのAWSはもう古い」、PaaS進出で何が変わる?

AWSのIaaS導入は始まりにすぎなかった。「AWS Lambda」や「Amazon EC2 Container Service」のようなサービスが、IaaSとPaaSを次のレベルに引き上げた。

AWSユーザーがうらやむ、Azure、Googleの侮れないクラウドサービスとは

Amazon Web Servicesがクラウド市場をけん引していることは明らかである。だが、MicrosoftとGoogleのサービスにもそれぞれメリットがある。自社に合ったクラウドプロバイダーを選ぶ基準とは。

市場シェアが語る「AWS」「Azure」「SoftLayer」のガチンコ対決模様

クラウド市場のシェアを算出するのは容易ではない。だが、ある会社がデータを組み合わせてこの難題を解き、米Amazon Web Services(AWS)が優勢である状況をはっきりと示した。

「AWS+OpenStack」で“ちょうどいいハイブリッドクラウド”は構築可能か

パブリッククラウドとプライベートクラウドには、それぞれメリット・デメリットがある。その間を取るものとして、ハイブリッドクラウドに注目が集まっている。AWSとOpenStackを用いたハイブリッド環境の構築事例を紹介する。

IBMのPaaS「Bluemix」がAWSの強力なライバルになり得る理由

米IBMのIaaS「IBM SoftLayer」を使用する開発者は同社の「IBM Bluemix」プラットフォームと「Watson API」を絶賛している。だが、IBMは他の開発者の心をつかめるのだろうか。

AWSとGoogleのネットワーク性能を比較、意外な競合相手も登場し大接戦に

ある独立系テスト会社が、主要クラウドサービスのネットワークスループットと遅延時間に関するベンチマーク検証を実施した。クラウド各社は大接戦を演じ、意表を突く結果になった。

AWSとGoogleクラウドのSSD性能を比較、コスパで選ぶなら?

AWSとGoogleのどちらの方が良い条件でSSDを提供しているのか6カ月前は明確ではなかった。だが、最近実施されたストレージ性能のベンチマークテストによって事実が明らかになった。

2014年にダウンタイムが最も長かったクラウド、短かったクラウド

クラウド障害は発生するものである。だが、Amazonのような大手ベンダーではその頻度は高くない。Microsoft、Google、RackspaceなどのIaaSベンダーが2014年をどう乗り切ったのかを紹介する。

次は「Windows 10」? それでもMicrosoft製品を買ってしまう本当の理由

Microsoftの製品は、なぜ多くの企業に受け入れられるのだろうか。同社のソフトウェアは高価だし、近年の事業戦略は他社の後追いばかりである。同社の競争優位性について考察する。

クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業

クラウドサービスの利便性や初期コストなどさまざまなメリットを考えれば、企業がクラウドサービスを利用しない手はない。だが、クラウドサービスの利用にあえて慎重になる企業もいるようだ。

AWS vs. Azure vs. Google、運用コストで選ぶ3大クラウドストレージ

米Amazon Web Services、米Microsoft、米Googleの3社はいずれも同じような価格でクラウドストレージを提供しているため、クラウドベンダーの選定では価格を最終的な判断基準とすべきではない。

「プライベートVLAN」が素晴らしい、IBM「SoftLayer」の知られざる魅力

「自由度」と「透明性」を備えたIBMの「SoftLayer」。最大の魅力は何と言ってもネットワークにある。拠点間データ転送量は無料。IT管理者は単一のプライベートVLANを経由し1つの画面で複数拠点を一元管理できる。

クラウドストレージで続々採用される高速オールフラッシュ、落とし穴はないか

クラウドストレージプロバイダーがオールフラッシュプラットフォームに移行する理由とは何か。また、オールフラッシュのクラウドにワークロードを移行することで、どのようにコスト削減できるのだろうか。

AWSより2〜3年遅れ、Googleがクラウドサービスで出遅れた理由

自動スケーリング機能の導入でGoogleのIaaSの管理性が向上した。AWSなど先行する競合サービスとの差が少しずつ縮まっているというが……。

使い放題の無料ストレージとモバイル管理、「Office 365」の“おまけ”が予想を越えていく

米Microsoftは、ビジネスユーザーを取り込むためにモバイルデバイス機能と無制限の無料ストレージという特典を「Office 365」に追加した。

クラウド比較は時間の無駄――東急ハンズ 長谷川氏が語るクラウド導入 5つの極意

「Amazon Web Services」(AWS)の企業ユーザー会「Enterprise JAWS-UG」のコミッティメンバーとしておなじみ、東急ハンズ 長谷川氏がクラウド導入の極意を語る。

クラウドの「見えないコスト」に気付いていますか?

IaaSを表面上の価格だけで選択すると、後で痛い目に遭いやすい。カタログだけでは見えない隠れたコストを考慮して、自社に合ったサービスを選ぶことが重要だ。

AWSの醍醐味、業務アプリを支えるEC2の自動スケール機能を見る

AWSのインスタンスをユーザーの設定に従って自動的に拡張/縮小する「Auto Scaling」をビジネスアプリケーションに応用すれば、組織のプロセスを強化できる。

サードパーティー製ツールはもういらない? 安価なログ収集を実現するAWS「CloudWatch Logs」の影響力

Amazon Web Services(AWS)に導入された「AWS CloudWatch」のLogs機能は、IT担当者が「Splunk」「Loggly」「Logstash」などの高価なサードパーティー製ツールを見限る理由となる可能性がある。

至高のクラウドはどちら? Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureを徹底比較

クラウド市場のトップを走り続けている 米Amazon Web Servicesに対し、それを追う米Microsoftは今後、自らの優位性を十分に生かし、より大きな影響力を持つことができるのだろうか。

【徹底比較】充実の「マネージドクラウド」14社を“クラウドらしさ”で比較

業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。前編では“クラウドらしさ”をテーマに比較した。

“ラスボス”Amazonに斬り込むMicrosoftとGoogleの「魔法の剣」とは?

クラウド市場をめぐる戦いの第1ラウンドにおいて、米Amazonは優位な立場を確立している。米Microsoftと米Googleが勢力を拡大する中、AWSは今後もその地位を維持することができるか。

よく知られている「クラウドバックアップ」のメリット、ではデメリットは?

クラウドベースのバックアップは、安価な帯域幅とキャパシティーの最適化テクノロジーにより、テープなどの持ち運び可能なバックアップメディアの代替テクノロジーとして人気を集めている。

「スマホアプリ開発」はここまで簡単に――作業はコピペ、開発期間は数日

開発支援サービスやコミュニティーの充実により、モバイルアプリ開発のハードルが下がっている。その恩恵にあずかるのは、開発を本業としている人だけではない。

5分で分かるGoogle Compute Engine AWS、Azureにはない特徴とは

米GoogleのIaaS「Google Compute Engine」は、一般提供が始まってから1年未満である。にもかかわらず、既に大きな影響力を持ち始めている。本稿では、このクラウドサービスの主な特徴を紹介する。

結局、Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureはどちらが優れたクラウドなのか?

「Amazon Web Services」と「Microsoft Azure」はどちらが優れたクラウドサービスなのだろうか。無料枠やコスト、SLA、サポートといった観点で両者を比較した。

クラウドとローカル運用で比較、データベース運用のTCOが安いのはどちら?

代表的なパブリッククラウドサービスと、ローカル運用のコンパクトデータセンターソリューションとで、トランザクションデータベースワークロードの比較テストを実施。5年間の総所有コスト(TCO)を比較したところ、驚きの差が出ることが分かった。

4種のクラウドを比較:最適なクラウドを手に入れるカギは“選択肢”にあり

「自社のシステムをどうクラウド化するか」の解は1つではない。システムの内容やセキュリティポリシー、予算などによって、最適なクラウドは異なるからだ。各種クラウドと事業者選びのポイントについて解説する。

Amazon派の皆さん、いらっしゃい――Googleの買収劇で“引き抜き工作”の臆測

米Amazonの牙城をどう崩すか。米Googleが発表したクラウドモニタリングベンダーStackdriverの買収は、Amazonに打ち勝つための戦略の一環との見方がある。

Google vs. Amazon――SSDベースの高速クラウドの優劣を比較してみる

米Amazon Web Services(AWS)のユーザーは、 SSD(ソリッドステートドライブ)をベースとした新しいストレージボリューム「Amazon Elastic Block Store」(Amazon EBS)を歓迎しているが、米Googleも2014年6月中旬に同様のクラウドサービスの提供を開始した。

私たちが本当に欲しいのは、パブリックよりも“わがままクラウド”

パブリッククラウドを検討するも、システム構成や性能、サポートなどにおいて「もっと柔軟に対応してほしい」と思ったことはないだろうか。クラウドらしさを失わず個別要求にも応えられる、そんな“わがままクラウド”を探った。

採用サイトから見えるAmazonの次の動向、独自プロセッサを開発?

Amazon Web Services(AWS)を運営するAmazonは、ここ最近、ハードウェアエンジニアリングの専門家を積極的に採用している。これは、AmazonがARMベースのカスタムプロセッサを独自に開発するといううわさと関係がありそうだ。

ウォール街で偏愛されるAmazonのパラドックス 業績が悪化しても株価は高騰

Amazon Web Services(AWS)が登場して10年がたった。当初は誰も予想しなかったが、AWSの成長は目覚ましく、将来はAmazon.comの売上高をしのぐと予測するアナリストもいる。AWSの魅力とその舞台裏に迫る。

モバイルアプリ開発を加速する「mBaaS」のメリット/デメリット

「mBaaS」という単語を聞いたことはあるだろうか? スマートフォンアプリのバックエンド側の仕組みをクラウド上で提供するサービスだ。この記事ではmBaaSを使う際に考えるべきポイントや主な機能を紹介する。

真の“ハイブリッドクラウド”の条件を読み解くための重要ポイント

オンプレミスの基盤にパブリッククラウドを接続すれば、ハイブリッドクラウド環境が実現するわけではない。最も重要なことは、同じアーキテクチャ、同じ運用管理ツール、同じノウハウを相互に生かせるかどうかだ。

開発者が最速で成果を上げるためのクラウド活用術

オープンソースの活用が進む開発現場。クラウドベンダーがそのニーズに応えるには、提供するPaaS環境でいかに多様性を取り込み、豊富なメニューを提供し、環境構築から運用管理に至るコストを少なくするかが鍵となる。

事例:インテックがクラウドサービスに採用、高速オールフラッシュストレージの実力は?

クラウドサービスの利用拡大に伴い、そのパフォーマンスも厳しく問われるようになっている。その中でインテックは自社のクラウドサービスに高速なオールフラッシュストレージを採用した。その実力を解剖する。

クラウドを用意するのは誰? Amazonに太刀打ちできない社内IT部門

Amazonに代表されるクラウドプロバイダーが登場した結果、社内のIT部門がその攻勢に太刀打ちできない企業が出てきた。さらに、IT管理者の業務(予算)を奪う事態にもつながっているという。

アナリストが明かす これからの企業向けクラウドに求められる条件とは

多様なサービスが登場し、適用範囲が広がりつつあるIaaS。だが、シャドーITの問題など利用には注意すべき落とし穴もある。企業が検討すべきポイント、サービスに求められる要件などについて、ITRの金谷敏尊氏に聞いた。

Google Compute Engineは「平凡なIaaS」

GoogleのIaaS「Google Compute Engine」が満を持して正式発表された。だが、評判は「施策のスピード感が足りない」「あまりにも標準的」と散々。これに対するGoogleの反論とは?

AWSの3大ネットワーク機能を理解する

AWSの仮想ネットワーキングサービスである「Amazon VPC」、VPCと組み合わせて使用する「AWS Direct Connect」、そしてDNSサービスである「Amazon Route 53」について解説する。

比較で分かったRackspaceとAWSの性能差 ギャップは埋まるか?

米RackspaceのIaaSユーザーたちは、同社のデータセンターが増強されたことで、クラウドコンピューティングのパフォーマンスが向上し、AWSとの性能差が埋まると期待している。

社内システムのモバイル化を手助け、Pivotalの買収戦略を解き明かす

米Pivotalはモバイルプラットフォーム開発会社のXtreme Labsを買収し、同社のツールを自社の製品ポートフォリオに組み入れる構えだ。これは、社内にモバイル担当を置けない小規模のIT部門にとって有用な取り組みになりそうだ。

IBMが本気を出したソフトウェア定義型サービス、その効果とは?

クラウドストレージやオープンPaaSの提供など積極的なクラウド戦略を展開するIBM。担当副社長が同社の目指しているクラウドの将来像を語った。

「ハードウェアにお金を払う」時代の終わり

クラウド市場が成長を続けている。コスト効率の高さがメリットの1つだが、移行性やセキュリティなどに対する懸念もある。そういった中で、パブリック/プライベートクラウドはどのようなすみ分けがいいのだろうか。

クラウド導入でもコストが下がらないユーザーに共通する“管理職の誤解”

自社のシステムをクラウドに移行しても、コストが安くならないばかりか高くなるケースがある。その原因として挙げられるのがIT管理者のスキル不足だ。クラウドで高額請求されないために心得ておくべきこととは?

クラウドサービスの救世主? ベアメタルサーバの実力とは

従来のホスティング環境よりも柔軟に運用可能だとして、ベアメタルサーバを採用する動きが目立ってきた。ビッグデータやリアルタイム分析にも適しているといわれる理由をクラウドサービスプロバイダーが語った。

Googleがクラウド用コンピュータを自社開発か IBMとの協力で臆測

米Googleは米IBMとともにとオープン開発コンソーシアム「OpenPOWER Consortium」を設立した。この取り組みの狙いは、次世代クラウド基盤に必要なハードウェアなどの技術開発だと臆測されている。

クラウド版“パケ死”に注意 うっかりミスで高額請求

携帯電話のパケット通信で予期せぬ高額料金が請求される“パケ死”と同様の状況が、クラウドでも現実化しつつある。思い込みや単純ミスが、クラウドの料金を知らぬ間に押し上げる。

ユーザーが語る「クラウドで災害復旧対策は間違い?」

リソースを潤沢に利用できる「Amazon Web Services」では、その特性を生かしたDR(ディザスタリカバリ)事業が活況を呈しつつある。しかし、一方で「誰にでも合うサービスではない」という評価もある。

クラウドサービスのエバンジェリストがユーザーから最も聞かれること

Amazon Web Servicesのエバンジェリストは2013年5月、全米14都市のAWSユーザーグループを訪ねる遠征ツアー「AWS Road Trip」を実施した。その時の模様をユーザーの反応とともにリポートする。

Amazonも参入する仮想プライベートクラウドが流行る理由

クラウド事業者が提供する企業向けサービスの多くは、セキュリティとコントロールが不安視されてきた。仮想プライベートクラウドの登場で市場は活性化したが、それこそが未来の姿だと誰もが考えているわけではない。

進撃するITの巨人、米Microsoftの企業向け新戦略とは

正式リリースまで秒読みが始まったWindows Server 2012 R2。ハイブリッドクラウド機能をはじめ、企業ニーズが大きい複数の新機能を搭載するという。

OracleとMicrosoftの歴史的提携は「晴れ時々曇り」

MicrosoftのクラウドプラットフォームであるWindows Azure上で、Oracle Databaseをサポートすると両社が発表。そうなるとSQL Azureはどうなるのか。SQL Azureの今後を懸念する声が多く挙がっている。

結局は手作業か? クラウド間移行ツールに語られる不満

プライベートクラウドからパブリッククラウドへの移行や、異なるパブリッククラウド間のワークロードの移行を支援するクラウド移行ツールが次々に登場している。だが、現実にはまだ課題が多い。

自社に適したインフラはどれ? 4種類のクラウドを比較

オンプレミス、クラウドなど多様なITインフラ形態が存在する中で、どれを選べばいいのか。後編では、パブリッククラウドやプライベートクラウドを比較する。

統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み

ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。

AWSに勝負を挑むVMware、新クラウドサービス「vCloud Hybrid Service」の勝算は

Amazon Web Serviceに対抗する新しいクラウドサービスが、VMwareによって2013年後半にもリリースされる見通しだ。新サービスではvCloudインフラがプラットフォームとして採用される。

クラウドの“本当のお値段”

クラウドの売りの1つは、コスト削減を期待できることだ。Forrester Researchのアナリスト ジェームズ・スタテン氏に、クラウドへの投資で結果を出すための秘訣を聞いた。

サイバーエージェントが大手ベンダーのサーバを選ばなかった理由

サイバーエージェントは、コミュニケーションサービス「アメーバピグ」内のソーシャルゲームサービスの基盤サーバを刷新した。その背景や製品選定のポイントは何か。同社担当者に聞いた。

企業システムの発想を刺激する、Googleクラウドの構成要素

各種サービスの集合体で成り立ち、他社クラウドサービスとは根本的に発想を異にするGoogleクラウドは、良質なサービスと高度なインフラを安価で提供する。本稿では、企業利用の視点でGoogleクラウドの構成要素を解説する。

多様化するクラウドサービス、失敗しないシステム移行の鍵とは?

IaaSやPaaSなどが市場に多く登場し、企業向けクラウドサービスは多様化している。自社システムをクラウドに移行する際には、その適合度を見極めた“適材適所のクラウド利用”が成功の鍵となる。

ソーシャルとモバイルを支える、Salesforce.comの新しいクラウド基盤

Salesforce.comには、同社の技術の骨格ともいえる9つのプラットフォームサービスがある。Dreamforce 2012では、俊敏性、モバイル、信頼性をキーワードに幾つかの新サービスが発表された。

クラウドベースのアーカイビングで気を付けるべき8つの要素

クラウドベースのアーカイビングを導入・運用する上で、サービスレベル管理は極めて重要な要素だ。クラウドアーカイビングベンダーの選定に当たって検討すべきサービスレベルについて解説する。

高性能低価格そして安定稼働の理由、「FUSION Cloud」の担当者が語る

2012年4月に開始されたクラウドサービス「FUSION Cloud(フュージョン・クラウド)」。高性能低価格のサービスの安定稼働を支えるのは、定評のあるネットワーク監視ツールだった。FUSION Cloud担当者が導入背景と運用状況を語る。

NTT Comが満を持して世界に放つ超低価格クラウド「Cloudn」の正体

NTT Comが後発にして“本気”のパブリッククラウドサービスを提供開始した。月額上限945円という超低価格の背景には何があるのか。同社の戦略とともにサービス概要、メリット/デメリットを解説する。

AWSとEucalyptusの提携が意味するパブリック/プライベートの統合

AWSはオンプレミスIaaSプロバイダーの米Eucalyptus Systemsと提携。これによって、両社のプラットフォームで同一の管理ツールが利用できるようになる他、AWSのソフトウェア開発キット(SDK)が強化されることになる。

5日間で導入できるOpenStackベースのプライベートクラウドに注目

5日間で完了する料金9000ドルのプライベートクラウド導入サービス「Ubuntu Cloud Jumpstart」は、AWSなどのパブリッククラウドと互換性を持ち、展開ツール「Juju」を利用することでハイブリッドクラウドを実現する。

SAPの顧客は「費用に見合う価値を得ていない」が従量制にも課題

SAPの顧客の一部から、従量課金制を求める声が上がっている。従量課金制はIT投資の最適化につながるのか? ライセンス方式の変更はユーザー企業に何をもたらすのだろうか。

スマートフォンアプリのクラウド移行がもたらすメリット

モバイルアプリの実行環境をクラウドに移行すれば、アプリの処理能力を向上できるだけでなく、管理面やセキュリティ面でさまざまなメリットが得られる。

40%がセキュリティを理由に見送り――パブリッククラウドのメリット/デメリット

コスト、セキュリティ、災害対策といった観点で、プライベートクラウドと比較したパブリッククラウドのメリット/デメリットを検証する。

導入しても管理が難しい、プライベートクラウドの利点と制約

既存のIT資産を生かしてオンデマンドや自動化といったクラウドの利点を享受できるプライベートクラウド。前編では、プライベートクラウドの具体的な利点や制約を検証する。

代表的な4つのPaaSを比較、使いやすいものはどれだ?

企業利用の視点に立って代表的なPaaS(Amazon EC2、Google App Engine、Force.com、Windows Azure)の機能やサービスを比較した。

「小売業者には負けられない」Amazonを追いかけるクラウドプロバイダー

クラウドサービスで一歩先を行くAmazon。キャッチアップしようとしている競合クラウドプロバイダーはさまざまな差別化策を思案している。そんな中でユーザー企業がクラウドサービスを選ぶ際の指針とは。

Dellのクラウド戦略、その狙いと製品を探る

クラウドサービスと製品を着実に強化してきた米Dell。彼らのクラウド戦略はユーザー企業に受け入れられるだろうか?

IIJの国内初モジュール型データセンターが登場 〜クラウドEXPO観戦記(後編)

クラウドEXPOリポートの後編。最大級の展示物として注目を集めたのは、IIJによる国内初のモジュール型データセンター。また、Amazon、セールスフォースブースがにぎわう中、MSはなぜかWindows Azureを出展しないという選択に出た。

IPv6へのスムーズな移行を阻む5つの落とし穴

既存の社内インフラの大部分がIPv6に対応していたとしても、各機器の機能、システムアーキテクチャ、拡張性、管理機能、プロバイダーのサービスなどを丹念に置く必要がある。

IBM、パブリッククラウド進出でAmazonに対抗

IBMがパブリッククラウド分野で独占的な存在になるのかどうかはまだ分からない。しかしそのために必要な全てを同社は持っている。

IT導入の新世界・クラウドで主導権を握るのはユーザー

従来のオンプレミスによるIT導入は、ベンダー主導の導入プロセスで進められてきた。だが、クラウド登場で、ユーザーが主導権を持つ構図に変わったという。AWS CTOの寄稿記事を掲載する。

ライセンス更新やリプレースを契機にクラウド移行を決断

クラウドへ移行する企業にはどのような戦略的決断があるのだろうか。前編では、ライセンス更新やリプレースを契機にクラウド移行を実施した2社の事例を紹介する。

事前取材で分かったトレンドマイクロブースの注目ポイント

5月に開催される情報セキュリティEXPOでトレンドマイクロは、「クラウドの安心」をテーマに4つのコーナーを配置。クラウドを活用したい企業のセキュリティに関するあらゆる疑問に応える。

年間6万8000円で始める、中堅・中小企業のための統合ネットワーク監視

ネットワークにまつわるさまざまな課題解決に有効なネットワーク監視ツール。それらの多くは、高機能なために高額である。簡単、安価に導入可能、必要な機能をワンストップで提供する製品を紹介しよう。

クラウド提供者の運用管理手法と明確化されていない法的責任に注意

後編ではユーザー企業が確認しておくべき、クラウド提供者の運用管理に関する手法や取り決めについて、6つの項目で解説する。

パブリッククラウドは災害対策で役に立つのか? AWSとGIOも検証

パブリッククラウドは基幹系システムのDRに役立つのだろうか。Amazon Web Services、IIJ GIOを例に見てみよう。

Windows Azure Platformの無料プランの利用価値総額

クラウドプロバイダーの提供する無料プラン紹介。後編ではWindows Azure Platformの無料プランの詳細を解説する。

システム管理ツールを制するものがデータセンター市場を制す

多くのベンダーがひしめき合うデータセンターIT市場。IT専門家たちは、こうした状況をどう見ているのだろうか?

MicrosoftとGoogle、オンラインサービスの品質保証契約を改善

Microsoftは新しいサポートライフサイクルポリシーを発表、GoogleはSLAを改訂し、ダウンタイム容認の条項を削除した。

豊富なシステム構築ノウハウでExchangeのパフォーマンス最大化を実現

富士通と日本マイクロソフトが見せる取り組みの1つとして、統合メッセージング基盤「Microsoft Exchange Server 2010」でのソリューション展開を紹介する。

米シマンテック担当者に聞く、「クラウド利用」を公言できない米国事情

米国でも日本同様、セキュリティなどへの懸念からクラウド導入に慎重な企業は多い。しかし近い将来、そのせきも一気に切られると米シマンテックの技術戦略担当ディレクターは予測する。

企業はなぜ、クラウドストレージの導入をためらうのか?

新たなストレージ環境として注目されている“クラウドストレージ”。しかし、セキュリティ面を不安視する企業も多く存在する。本稿では、最新のクラウドストレージのセキュリティについて検証してみる。

米ボーイングのクラウド採用はセキュリティが最優先

技術的には実現可能でも、Boeingの複雑な組織構造の中でクラウドコンピューティングを推進するのは困難を極めた。

アマゾン、セールスフォース、MS……、クラウドキープレーヤー5人がクラウド導入の今を語る

2010年11月25日に開催された「ウイングアーク・フォーラム 2010 in 東京」。本稿では、パネルディスカッション「動き始めたクラウド−企業の情報システム部門はどう動くべきか?」の模様をリポートする。

プライベートクラウド向けインフラを検討する

プライベートクラウドを検討する企業が注意すべきポイントと、インフラのビルディングブロックとなる主な製品を紹介する。

企業内クラウド環境を迅速に構築可能なIBMのプライベートクラウドソリューション

日本IBMが提供する企業向けクラウドソリューション「Smart Business」は、ニーズの高い6つの適用分野を主軸にサービス・製品を配置。ターンキー製品である「IBM CloudBurst」はプライベートクラウドの迅速な立ち上げを可能とする。

プライベートクラウド製品一覧

仮想化や標準化、自動化などのクラウド技術を活用し、顧客または提供事業者側のデータセンターに自社専用の環境を構築するプライベートクラウド。ここでは、プライベートクラウドを実現するための製品を紹介する。

大規模ユーザーでも仮想化が可能なExchange Server 2010

デルは、徹底した製品検証の結果からExchange Server 2010への仮想化適用を強く勧めている。

【Q&A】クラウドのバックアップコストは?

SMBにとって、クラウドバックアップサービスにはどのようなコストが掛かるのか。また、どんなベンダーが存在するのか。

[an error occurred while processing this directive](none)