中堅/中小企業とITの事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

中堅/中小企業とIT関連の事例

「Excel職人のこだわり」を暴走させない依頼の仕方とマネジメントのコツ

「Excel職人に任せれば、細かい指示をしなくても、いいツールを作ってくれる」という状態はうれしいものですが、属人化の問題もあります。依頼側が適切な要件定義をするには、どうすればよいのでしょうか。

コンタクトセンター利用者約8割の本音「つながらない不満」をどう解決する?

商品やサービスの品質強化の一環としてコンタクトセンターの役割を見直す企業は少なくない。アンケート調査から顧客の本音を解き明かし、改善のポイントを探る。

料理人向けeコマースの八面六臂が考える「ビジネスをばくちにさせないIT活用」とは

料理人向けに生鮮食品eコマースサイトを運営する八面六臂は、サービスの要を「決済と物流」だと考えている。アナログ作業による非効率要素を根絶するために、徹底したIT化を追求する同社のIT活用戦略を追う。

ITという武器でアナログな食品流通業界に切り込んだベンチャー、八面六臂の「覚悟」

料理人向けに生鮮食品ネット通販サービスを提供する八面六臂。アナログで複雑な商習慣が定着していた食品流通業界を、徹底したIT化という“武器”で切り込んでいった同社の企業努力はどのようなものだったのか。

音響センシングで見守り負担を軽減 NPO法人が選んだ見守りソリューションとは

介護の現場では突然体調を崩す高齢者のための見守りは重要だ。しかし人的負担は大きい。精神論では対処できないこの課題を技術の力で解決した事例を紹介する。

分析軸変更だけで月200万円も──解決したいBIの運用コスト問題

分析軸1つ変更するにも情シスに頼らざるを得ず、運用コストが膨らむという課題がある従来型BIツール。本稿では、その課題を解決するソリューションを紹介する。

BIの乱立がもたらすのは、データの散在と膨大なコストのみ

BIツールが乱立し、データの散在やコストの拡大という課題を抱える企業は少なくない。コストをかけず、課題を解決するにはどうすればよいか。その方法を紹介する。

バックオフィス業務、小さな手間をまとめて解決するERPの便利な機能とは

社内の働き方改革を推進する立場にある管理部門。その管理部門の働き方改革がなかなか進まないといった皮肉な状況が起きている。原因と解決策とは。

中堅・中小企業でも取り組める、コストを抑えて働き方改革を実現できる切り札

働き方変革ができるのは一部の大企業――。そう考えるのは早計だ。適切なツールを利用すれば、どんな企業でも今より柔軟な働き方を実現できる。

ユーザー企業が向かうべき内製化、ノンプログラミング開発ツールの導入現場を取材

東京ダイヤモンド工具製作所の社員数は約300人、システム担当はたった1人。業務効率化が課題の同社が選んだセルフサービス開発ツールは、kintoneやSalesforceではなくUnitBaseだった。

待望のBIツール、なのに導入後間もなくリプレースを検討した理由とは

現代の経営戦略では、複雑になるビジネス環境に応じて高度な分析を臨機応変に実施する必要がある。失敗しがちなBIツール導入を成功する上での条件を考える。

情シスしか使えないBIを全員が使えるBIへ、現場はどう変わる?

専門知識が必要で社内普及が進まないことの多いBIツール。しかし、大洋製器工業では社員の8割が自在にあるBIツールを使いこなしている。なぜこれほど普及、定着したのか。秘密を解説する。

“クルマ離れ”時代に新車販売数を伸ばした、中堅企業のビッグデータプロジェクト

新車販売の予測分析サービスを立ち上げた日産東京販売ホールディングス。しかしスタート時、現場はベテランの勘を重視し、懐疑的だった。同社はどのように壁を乗り越え、成果を積み重ねることができたのだろうか。

BI導入の高いハードルをどうやって超えるか? 調査で分かったその答え

関心は高いがなかなか導入が進まないBI。その理由は何なのか。どうすればいいのか。解決策を紹介する。

「誰もが使える簡単な操作性」だけでは足りない全社ツールの必須条件とは

現場のスタッフがシステム開発と変更に対応できると、状況の変化に合わせた即時回収が可能になる。しかし、「誰もが使える簡単な操作」のほかにも注意すべきポイントがある。それが「コスト」の問題だ。

欧州コカ・コーラの自販機技師、「IoT」でコピー機も修理可能に?

「IoT」は企業にどのような価値をもたらすのか。IoTが抱える課題とは。企業のIT部門とフィールドサービス部門への調査で、その実態が分かってきた。

Excelやパッケージの限界を突破する「ノンプログラミング開発ツール」、簡単システム化に成功した3事例

アプリケーションを簡単に開発できるノンプログラミング開発ツールは、情シスはもちろん業務部門にも人気だ。ノンプログラミング開発ツール導入した企業の事例を3つ取り上げ、多様な使い道を探る。

事例が示す、「全員が使えるBI」で変わる情シスの役割

企業での導入が加速しているBIツール。だが、その多くは操作が難しく業務部門では扱い切れないケースが多い。情シスの負担を削減しつつERPデータの活用を促進した企業の事例とともに、誰でも使えるBIツールを紹介する。

中堅・中小企業のテレワーク事例、小さい会社もここまでやっている

テレワーク制度を実際に導入し運用している中堅・中小企業の例を挙げながら、必要な設備、社内規定、人事評価制度、人材育成の観点でどのようなフォロー体制を敷くかなど、実践的なノウハウを紹介する。

ペーパーレス経理業務フローを整備しよう――3カ月の準備期間で用意する4ステップ

電子帳簿保存法改正のポイントと実務について解説する本連載の第2回では、「書類をスキャナー保存する行動を、経理業務フローにどのように落とし込むか」という観点で、準備作業や運用フローについて解説する。

「あの人じゃないと分からない」をなくす、中小企業こそできる案件管理システム作成術

今野製作所は1961年創業の老舗企業だ。「油圧爪付きジャッキ」の受注設計生産で業績を回復した秘策は、ベテラン営業の顧客要求の引き出しノウハウをkintoneで可視化し、情報共有するシステムを作ったことにある。

「標準化」「一元対応」「マルチリンガル対応」で実現する海外拠点のヘルプデスク

IT部門の右腕ともいえるヘルプデスク。海外進出が加速する中で企業は、その設置をいかに早い段階で進めるべきなのか? そこで望まれるのは、現地社員も確実に利用するための多言語対応だ。

コンカーが中堅・中小企業向けの出張・経費精算クラウドサービスを発売

大企業向けの経費・交通費管理のクラウドサービスで多くの実績を持つコンカーが、中堅・中小企業向けのサービスを開始した。基本機能は大企業向けと同じで、導入費用は無償だ。

急務のマイナンバー制度対応、NECは中堅・中小企業向けに「安心セット」を提供

NECは、2015年11月12、13日の2日間、東京国際フォーラム(有楽町)にて、同社の最新技術・製品を紹介する「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2015」を開催。展示内容から、マイナンバー対応に関する製品の一部を紹介する。

中堅・中小企業のビッグデータ活用、成功の鍵はクラウドにあり

ITコンサルタントのデイル・ニーフ氏によると、中堅・中小企業がアナリティクスの恩恵を享受できずにいるのは、ビッグデータを扱うスキルが不足しているからだという。

大企業だけのもの? 中堅・中小企業も無関係ではない「IT活用の新領域」とは

ソーシャルやビッグデータ、IoT/M2Mをはじめとした「IT活用の新領域」が注目を集めている。IT活用の新たなモデルであるこれらの領域は、中堅・中小企業にとってどのような意味を持つのだろうか。

社内申請業務の煩雑さを一掃する“秘策”とは?

紙媒体とExcelベースの申請書を活用する企業は少なくない。しかし、その場合は申請業務が煩雑になりがちだ。そうした環境から解放されるとっておきの方法を紹介する。

メールもソーシャルも使いこなす顧客対応担当者、ただし連係には課題が

TechTargetジャパン会員を対象に、「顧客対応に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、企業で顧客対応に携わる読者の声を基に、顧客対応の現状や課題をまとめている。

Excel最大の課題は「パフォーマンス」 中堅・中小企業が導入したいBI製品は?

中堅・中小企業では分析やデータ活用業務でどのような課題を抱えているだろうか。導入検討中のBI製品や活用したいデータ、BI分野で注目しているテクノロジーなどの調査結果をリポートする。

在宅勤務の導入率は24%、変化する勤務形態とERPの利用状況は

ERPと在宅勤務についての読者調査を実施。ERPの導入率や導入製品の他、在宅勤務の目的、IT投資動向などが分かった。概要を紹介する。

BIで連結経営会計情報を収集・分析、意思決定に生かすグローバル製造業事例

グローバル展開する企業にとって、連結業績管理は各拠点やグループ企業の注力/撤退を判断する上で重要な指針になる。3つの軸での連結業績分析を可能にし、グローバル展開を成功させた製造業の事例を紹介する。

海外展開する中堅・中小企業が考えるべき「ERP導入 3つのステップ」

これまで国内での利用を想定してきたERPを海外拠点で使う場合、どのような選択肢があり、どのような考えで製品を選択すべきか。ノークリサーチの調査結果からポイントを探る。

“1人情シス”を救うクラウドサービス、導入企業が選んだ道は?

“1人情シス”で運用管理を行う中堅・中小企業では担当者に重い負担が掛かっている。負担軽減に有効なのがクラウドサービスだ。東京ダイヤモンド工具製作所とNSファーファ・ジャパンがそのメリットを語った。

業種別に切る! 中堅・中小企業のITソリューション

大企業と同様、中堅・中小企業も業種によってIT投資意向の変化は大きく異なってくる。業種、業態ごとに今、求められるIT活用とは何か? それぞれの業績やIT投資意向を踏まえて考察していく。

見積/原価管理の効率化に向かう中小建設業のIT事情

全業種の中でもIT投資意欲や利益変動が低い中小の建設業。とはいえ、その業務の特殊性から複雑、高度なシステム処理が求められるため、潜在的なIT活用の促進が見込めるのだ。

攻めの中小製造業が「ハイブリッド生産管理システム」に積極投資する理由

中堅・中小企業も業種によってIT投資意向の変化は大きく異なる。大企業と同様に業種、業態に応じたアプローチが欠かせない。業種ごとに今、求められるIT活用とは何か? 具体的なソリューション像をあぶり出す。

BI導入の課題は「導入効果の明確化」、中堅企業では「データ整備」も

TechTargetジャパン会員を対象に行ったBI導入に関するアンケートを基に、本稿では特に「BI導入の目的」「BI導入に関する課題」「BIで行いたいと考えている分析・管理」について、調査結果を報告したい。

企業規模別データ分析環境構築

企業には早急なデータ分析環境の整備が求められている。中堅・中小企業のための手軽なBI導入による見える化、大企業のためのデータ分析環境構築方法など、企業規模別の分析環境構築に役立つコンテンツを集めた。

[an error occurred while processing this directive](none)