脆弱性対策の比較記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、比較に関する比較の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

脆弱性対策関連の比較

DNSのセキュリティ問題を自社で解決する方法

DNSは、インターネットの利用には不可欠のサービスだ。このDNSのセキュリティ関連の問題を削減/除去する手段と方法を簡単に紹介する。

「iOS 11」のApple純正カメラアプリで見つかった脆弱性 悪用例と対策を解説

「iOS 11」のカメラアプリに脆弱性が見つかった。最新版では修正済みであるこの脆弱性は、どのように悪用される可能性があるのか。どうすれば問題を回避できるのか。

ChromeやFirefoxの「危険なアドオン」とは? 脅威と対策を解説

無数に存在するWebブラウザのアドオンの中には、セキュリティ上の脅威を含む「悪意あるアドオン」も潜んでいる。実害につなげないための対策を紹介する。

CPU脆弱性「Meltdown」「Spectre」がセキュリティに及ぼす決定的な影響

MeltdownとSpectreという脆弱(ぜいじゃく)性は、システムの物理セキュリティとハードウェアセキュリティに影響しており、検出は極めて難しい。これらの攻撃を防ぐ方法とは。

Windows 10のセキュリティ対策に限界は? リスクを軽減するツールを紹介

組織のニーズを理解して、パッチ管理やドメインパスワードポリシーといった複数の重点分野に照準を絞ることで、「Windows 10」のセキュリティ問題に先手を打つことができる。

Windows 10のエクスプロイト対策、3つの重要機能とは

MicrosoftはWindows 10の「Windows Defender Exploit Guard」で、「アドレス空間レイアウトのランダム化(ASLR)」など、メモリベースの攻撃を防ぐ3つの重要な機能を提供している。

「Meltdown」と「Spectre」は本当にCPUの脆弱性か、それとも単なる欠陥か

「Meltdown」と「Spectre」は本当に脆弱(ぜいじゃく)性なのかという議論がある。本稿では、何を持って脆弱性と見なすか、そしてこの2つは脆弱性なのかを考える。

あらゆる操作が可能な特権IDを外部/内部の脅威から守るには

全ての操作が可能な特権ID。攻撃者に悪用される事態を防ぐため、適切な制御とモニタリングが不可欠だ。それも仮想化基盤やクラウドを含めた形でなくてはならない。

iOSを起動させる「iBoot」のソースコード流出はなぜ起きた? セキュリティへの影響を解説

iOSデバイスが搭載する「iBoot」のソースコードが2018年2月、「GitHub」で一般公開された。そのいきさつとiOSのセキュリティに及ぼす影響を解説する。

Microsoft、開発者支援ツール「Attack Surface Analyzer」を公開

「Attack Surface Analyzer」では、新開発のアプリケーション導入によって攻撃の様相が変化するかどうかを検証できる。

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive](none)