開発手法 注目の事例・比較・解説記事

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、開発手法に関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

開発手法関連の解説

アプリ開発者が実践すべきセキュアコーディングの初歩の初歩

Webアプリケーションやモバイルアプリケーションの脆弱性のほとんどは、ごく当たり前な処理の欠落に起因しているという。開発者が絶対にやるべきこととは何か。

(2021/9/8)

名付けに「SEO」が必要な“納得の理由” なぜFluentdの「d」はそこにあるのか

「Fluentd」の名前は、以前は「Fluent」だった。なぜ「d」が付いたのか。その背景には検索エンジンの存在があった。Fluentd命名のいきさつを背景に、ツール命名におけるSEOの重要性を解説する。

(2021/6/26)

「Java」は昔、「Oak」だった――改名の理由と“幻の改名候補”

「Java」は登場当初から「Java」だったわけではない。元の名前は別であり、ある理由で改名を余儀なくされた。なぜ改名が必要だったのか。Java以外にはどのような候補があったのか。

(2021/5/30)

GitHub「masterブランチ廃止」を警戒する人、歓迎する人、それぞれの意見

デフォルトブランチ名を「master」から「main」に変更したGitHub。この変更はどのような影響をもたらすのか。ネガティブな影響とポジティブな影響を探る。

(2021/2/21)

注目の解説記事一覧へ

開発手法関連の事例

Raspberry Piが育んだ15歳の企業家の夢

Raspberry Piの誕生から8年。この低価格コンピュータを手にした子供たちの中から企業家が生まれ始めている。15歳の若者が語る取り組みと将来の夢、低価格コンピュータがもたらす可能性とは。

(2020/11/6)

「スクラッチ開発」は時代遅れ? 「クラウド」「パッケージ」へ移行進む

富士キメラ総研の調査・分析によると、2019年度のIT市場はクラウドとパッケージ形態の需要が増加する見込み。ソフトウェア売上額については、業種特化型製品の売り上げが全体の8割に上ると予測する。

(2019/1/29)

モバイルファーストを追求するANA、明らかになったアジャイル開発の成果と課題

国際線におけるサービスアップを目指す全日本空輸(ANA)は、顧客とのタッチポイントとなるモバイルアプリをデジタル戦略の中核に据え、即時性のある施策をシステムに反映するためアジャイル開発を導入した。

(2018/1/17)

P R標的は新ユーザーに新ビジネス、東証の挑戦を支えたアジャイルな開発手法とは

東京証券取引所が、新たな金融システムの開発に当たって取り入れた手法が「リーンアジャイル」だ。その習得のために、同社はIT部門だけでなく業務部門もアジャイル先進企業に常駐させたという。その手法はどんな効果をもたらしたのか。

(2021/2/2)

注目の事例記事一覧へ

開発手法関連の比較

「ライブラリ」と「フレームワーク」を見分ける有力な方法

ライブラリとフレームワークは、アプリケーション開発における役割や設計思想が異なる。開発者の視点から、それらを見分ける方法を解説する。

(2021/8/20)

音声認識と拡張現実がモバイルアプリの主戦場になる理由

モバイルアプリに限らず、音声認識や拡張現実の重要性は高まっていく。それはなぜなのか。開発者はどの技術に注目すべきか。今後のために何をすべきなのか。

(2018/4/27)

WindowsのライバルはMacではなくChrome OS&Chromebook

Windowsよりもう少しましなものはないのか? 以前はMacだったかもしれないが、今は違う。企業向けデスクトップOSとしてChrome OSが浮上してきたのはなぜか。

(2018/4/19)

注目の比較記事一覧へ