「開発手法」の事例、比較、解説記事を総まとめ

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、開発手法に関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

開発手法関連の解説

アジャイルの体系「SAFe」(Scaled Agile Framework)の認定資格とは? 合格するには

「スクラムマスター」が持っておくと職務経歴書に書ける認定資格にはどのようなものがあるのか。「Scaled Agile Framework」(SAFe)に関する認定資格の有用性を解説する。

(2022/6/28)

ソフトウェア開発者はもう不要か 「AIによるソースコード生成」の衝撃

ソフトウェア開発者にとって、技術の進化への追従は重要だ。単に新技術に関するスキルを身に付ければよいというわけではない。技術進化が「ソフトウェア開発」という仕事そのものに及ぼす影響も注視する必要がある。

(2022/6/23)

Javaがいまだに愛される端的な理由

「Java」はさまざまなアプリケーションを開発する際のプログラミング言語として重宝されてきた。なぜJavaは長きにわたって人気を維持できているのか。理由を説明する。

(2022/6/9)

“優秀なスクラムマスター”が外さないAtlassian「Jira」認定資格とは? 合格するには

スクラムを監督するスクラムマスターが、自身の知識やスキルを証明するのに役立つのが認定資格だ。本稿は「Jira Software」に関する認定資格が問う知識や有用な場面を解説する。

(2022/5/31)

注目の解説記事一覧へ

開発手法関連の事例

フォルクスワーゲンが注力するArmベースのソフトウェア定義自動車開発

VolkswagenはArmを発起人とする「Scalable Open Architecture for Embedded Edge」(SOAFEE)に参画している。SOAFEEが目指すソフトウェア定義自動車の現在の課題とは何か。

(2021/11/1)

Raspberry Piが育んだ15歳の企業家の夢

Raspberry Piの誕生から8年。この低価格コンピュータを手にした子供たちの中から企業家が生まれ始めている。15歳の若者が語る取り組みと将来の夢、低価格コンピュータがもたらす可能性とは。

(2020/11/6)

「スクラッチ開発」は時代遅れ? 「クラウド」「パッケージ」へ移行進む

富士キメラ総研の調査・分析によると、2019年度のIT市場はクラウドとパッケージ形態の需要が増加する見込み。ソフトウェア売上額については、業種特化型製品の売り上げが全体の8割に上ると予測する。

(2019/1/29)

モバイルファーストを追求するANA、明らかになったアジャイル開発の成果と課題

国際線におけるサービスアップを目指す全日本空輸(ANA)は、顧客とのタッチポイントとなるモバイルアプリをデジタル戦略の中核に据え、即時性のある施策をシステムに反映するためアジャイル開発を導入した。

(2018/1/17)

注目の事例記事一覧へ

開発手法関連の比較

「ライブラリ」と「フレームワーク」を見分ける有力な方法

ライブラリとフレームワークは、アプリケーション開発における役割や設計思想が異なる。開発者の視点から、それらを見分ける方法を解説する。

(2021/8/20)

音声認識と拡張現実がモバイルアプリの主戦場になる理由

モバイルアプリに限らず、音声認識や拡張現実の重要性は高まっていく。それはなぜなのか。開発者はどの技術に注目すべきか。今後のために何をすべきなのか。

(2018/4/27)

WindowsのライバルはMacではなくChrome OS&Chromebook

Windowsよりもう少しましなものはないのか? 以前はMacだったかもしれないが、今は違う。企業向けデスクトップOSとしてChrome OSが浮上してきたのはなぜか。

(2018/4/19)

注目の比較記事一覧へ